« 草の根の運動 | トップページ | 米軍再編関係予算 »

2010年12月25日 (土)

銀世界

 クリスマスカンパの襲来で、私の故郷も朝から大雪。
 錦町の一番遠いところの一つ、向峠(むかたお)まで仲間と一緒に出かけ、「井原すがこ後援会」のチラシ配りを行った。
 ここまで来ると、一面銀白色、まるで別天地のようである。
 厳しい条件の中で、猿やイノシシの出没に悩まされながら、多くの人の手により田畑がかろうじて守られている。
 こうした地域が廃れてしまえば、自然や生活が破壊され、その地域特有の文化も失われてゆく。
 もっともっと、山間部の生活とそこに住む人々の暮らしを大切にする必要がある。

1225nisiki

人気ブログランキングへ

|

« 草の根の運動 | トップページ | 米軍再編関係予算 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

そこです
何故さるやイノシシが出没するのか

これは難しい
何故ならさるやイノシシは有るものをとことん奪うから
さるは好奇心の習性で
イノシシは雑食の習性で

難しい!
厳しい

クマは違うけどね

まぁそれにしても山奥の食料、自然が廃れているのは事実である

人知を尽くして天命を待つですなぁ

どうしりゃいいんかなぁ

山間部の生活がちとは分かれば良いのだが・・・

厳しさを具体的に知る必要はあるね

投稿: ピース | 2010年12月26日 (日) 22時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/50400331

この記事へのトラックバック一覧です: 銀世界:

« 草の根の運動 | トップページ | 米軍再編関係予算 »