« 政治の課題 | トップページ | 諫早湾上告断念 »

2010年12月14日 (火)

小沢問題

 小沢さんの政治倫理審査会への招致をめぐって双方の綱引きが続いている。
 「政治倫理審査会」は、強制力を伴わないものであり、自民党を初め野党はみんな証言に偽証罪も適用される「証人喚問」を要求している。
 「今回党の方針に従っても、それだけでは終わらない。いずれ証人喚問をもとめられるので、意味がない」とする小沢さんの意見にも、一応の理屈はある。
 しかし、「司法の場に移っているので国会が審議するのはおかしい。」との主張は、全く当たらない。逆に、裁判とは別に国民の負託を受けた政治家として、国会で堂々と語るべきである。
 このまま内部抗争が続けば、当然のことながら菅さんへの信用は地に落ちる。
 水と油が一緒になっていることが間違いのもとであり、早く袂を分かった方がいい。それが、国民のためである。

人気ブログランキングへ

|

« 政治の課題 | トップページ | 諫早湾上告断念 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

国民のためである

深い言葉です

投稿: ピース | 2010年12月15日 (水) 11時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/50304165

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢問題:

« 政治の課題 | トップページ | 諫早湾上告断念 »