« 挨拶回り | トップページ | ベターな選択 »

2010年12月17日 (金)

菅さんの沖縄訪問

 菅さんが2度目の沖縄訪問。菅さんは、普天間基地の名護市辺野古への移設について、5月の日米合意通りに実施する旨を改めて説明し理解を求めたが、仲井真知事は、県外移設を主張し論議はかみ合わず。

 同時に菅さんは、来年度創設される予定の一括交付金について、沖縄を「別枠」として優遇、来年度末で期限切れの沖縄振興特措法に代わる新法制定などに言及したという。

 沖縄を抑えるためには、お金でも法律でも何でも総動員するという方針のようであるが、 沖縄はすでにお金で動く段階にはないということが理解できないのであろうか。

 このままでは、決してうまくいかない。

 こういう時にどうしたらいいか。

 政治の基本である、「民」のもとに返ることである。菅さんも、アメリカとばかり向き合い機嫌を取るのではなく、沖縄の人ととことん語り合うことである。そこから必ず解決の糸口がつかめるはず。

 井原すがこは、短歌の会やいきいきサロンに顔を出し、挨拶。

人気ブログランキングへ

|

« 挨拶回り | トップページ | ベターな選択 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

外交とはコートを羽織りポケットから品を出し合って交渉する場であろう
日本はコートを羽織れないが・・・

菅さんには裸のアメリカを見なさい
と言いたい
今アメリカ社会はどうなっているか

そもそもアメリカ合衆国が発展出来た土台はインディアンである。侵入者の社会に生き抜こうとしたインディアンが自分達の叡智を合衆国に与えたからだ

そのプロセスも勉強し、アメリカ社会の隅々まで見て、それから判断すれば良かろう
自ずと今後のアメリカがどう変わるか分かるであろう

アメリカに追随する事が玩具のような平和思想の日本国民を守れるだろうか?
自分で答えを出して欲しい

投稿: ピース | 2010年12月18日 (土) 12時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/50329633

この記事へのトラックバック一覧です: 菅さんの沖縄訪問:

« 挨拶回り | トップページ | ベターな選択 »