« 知事と市長のごまかし | トップページ | 自衛隊行事への参加の制限 »

2010年11月17日 (水)

岩国市長からの回答

 11月9日付けの「草の根ネットワーク岩国」から市長宛の要求書「愛宕山開発跡地の取り扱いについて(要求)」に対する回答「1117kaitou.pdf」をダウンロード があった。
 先般の「岩国を守る会”風”」に対する回答とほぼ同じ、まったく誠意の感じられないものであった。
 「市長協議報告書」はケーススタディであり、防衛省と山口県から民間空港と引き換えに愛宕山の米軍住宅化の了解を求められた事実はないとし、山口地裁の判決を否定する内容となっている。一方で、「『正式な』意向確認はない」とこれまでと変わり限定的な表現になっており、『非公式な』意向確認があったことは認めるつもりなのであろうか。この点は、もう少し確認する必要がある。
 また、市長主催の説明会については、まったく開催するつもりはなさそうである。
 「適時適切」に開催とは、岩国市が議会答弁などでよく使う役所言葉の一つであるが、わかりやすく翻訳すると、「開催する気はありません」という意味である。

 裁判所の判決まで無視して、市民に嘘をつく。こんな無法は許されない。
 今後の対応を考えたい。

人気ブログランキングへ

|

« 知事と市長のごまかし | トップページ | 自衛隊行事への参加の制限 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

確かに説明会開催を拒絶するのはおかしい

つまり、市長なるものにとっても説得力を高める場になり、巧妙さと狡猾さを装備する恰好の場となるはずである

市民を騙せないと悟ったか?
もっと狡猾になってくれないと市民は成長出来まいに・・・

悪の道を歩なら半端は良くない

あ~あ~
騙せる奴から騙そう
落とせる奴から落とそうか!

それは本気の卑怯者だ

投稿: ピース | 2010年11月19日 (金) 00時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/50059662

この記事へのトラックバック一覧です: 岩国市長からの回答:

« 知事と市長のごまかし | トップページ | 自衛隊行事への参加の制限 »