« 田布施町長選挙 | トップページ | 情報公開裁判の判決について »

2010年10月20日 (水)

市議選アンケート

 市民グループによる候補者アンケートが告示前に行われ、1万部が配布された。情報が少ない中で、多くの市民の選択の参考になったのではなかろうか。
 最近は、新聞の調査結果「1020sigisen.jpg」をダウンロード が掲載されることが多い。
 ある地元紙に興味深いアンケートが載っているので、少しご紹介する。
1.空母艦載機の移駐に関して、これまで一貫して賛成してきた容認派の中にも、今回、「計画の見直し」を選択している人がいて驚いた。以前、移駐反対とアンケートに答えた人が、選挙後2ヵ月で「容認」に転じ、明確な公約違反と批判されたことがあった。選挙が終わった後、どのような行動を取るのか注視する必要がある。
2.空母艦載機の移駐に関して、「やむを得ない」を選択した人がかなりいるが、これは、逃げである。「仕方がない」「苦渋の選択」・・・ すべて、政治家特有の言い訳である。本当は移駐反対だが、国が決めたことだから「やむを得ない」というのは、責任逃れ以外の何ものでもない。最後まで市民の側に立って闘うことこそ、政治家の役割。
3.愛宕山については、「防衛省に売却し米軍に提供」を選択する人がかなり多い。その理由として共通に挙げられているのが、赤字解消である。冷静に考えれば、確かに開発に伴う借金はあるが、同時に土地という立派な資産も持っており、いくらでも民間に売ることができるのである。
4.自由記述の中には、愛宕山を防衛省に売却して市民に役立つように使うべきだという意見もあるが、防衛省に売れば必ず米軍基地になることを認識すべきである。
5.全体としては、空母艦載機移駐については、賛成が17人、反対が21人と、反対が多数を占めている。
 こうしたアンケート結果は選挙後も大事に取っておこう。

 玖珂の「草の根第1農園」に立派な柵がつくられた。さぞかし猪も困るだろう。
1020noen1

人気ブログランキングへ

|

« 田布施町長選挙 | トップページ | 情報公開裁判の判決について »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

さいでんなぁ 猪困りまんなぁ
収穫したもの少し分けたってや~
畑の神様に♪

投稿: ピース | 2010年10月21日 (木) 10時08分

愛宕山を防衛省に売る、のと愛宕山を国に売る、のは全く同じ事と思える。
それと、スポーツ施設が基地に近く、米軍住宅が基地からもっとも遠い場所に計画されている点も、とてもいやらしい感じがする。赤字が解消される以外に県になにか裏工作のようなことでもあるのではないか、密約以外に。

新人候補のアンケートをどう信用するべきか、自信のなさから周りからの圧力や嫌がらせで主張がぶれるのではないかということが気になる。

経済基盤の著しいゆがみを持つ自治体である岩国市は産業構造が著しく土建に偏っている。銀行も貸し付けする相手に困るらしい。そういう岩国市をどう立て直すのか考えている候補者はどうやら一人もいないようだ。

投稿: 名無し | 2010年10月21日 (木) 14時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/49800969

この記事へのトラックバック一覧です: 市議選アンケート:

» <防衛省>海自潜水艦20隻超へ 中国海軍を意識 [サッカーはエンターテインメントだ! ]
防衛省は20日、現在16隻体制で運用している海上自衛隊の潜水艦について、20隻超まで増やす方針を固めた。同省関係者が明らかにした。本来なら耐用年数を迎えて、交代する潜水艦を「延命」させることで対応する。海軍力を増強させ、日本近海でも活動を活発化させる中国海軍を強く意識した措置で、年末に改定する「防衛計画の大綱」(防衛大綱)に盛り込む。... [続きを読む]

受信: 2010年10月21日 (木) 13時34分

« 田布施町長選挙 | トップページ | 情報公開裁判の判決について »