« 事業仕分け(2) | トップページ | 収穫祭 »

2010年10月30日 (土)

事業仕分け(3)

 特別会計を対象とした「事業仕分け」第3弾が終了し、俎上に上った18特会・48事業のうち「廃止」と判定されたのは4特会・8事業、その他多くの事業は「見直し」とされた。
 旧政権の時代に長年にわたって作り上げられてきた行政と政治による予算の中に、いかに市民感覚からかけ離れた無駄遣いが多いか、その一端でも国民の目の前に明らかにされたことは評価できる。
 しかし、仕分け結果がどの程度実際の予算に反映されるかは、各省の予算編成に任されることになる。その際には、従来のように各省の権益を守るという発想ではなく、大臣以下政務三役は、主権者たる国民の立場に立って、時に役所と喧嘩しても、まさに政治主導でムダを徹底的に排除するという姿勢が求められる。

 呉9条の会が主催する講演会に招かれ「「岩国に吹いた風」と題して話をした。
 特に、愛宕山が新たに米軍に提供されようとしていること。しかも、米軍住宅化を隠したまま裏取引を行うことは許されないと強調した。
 呉市営バスの廃止問題について、市民の意見を聞こうとしない市長の姿勢に関する質問もあった。選挙といえども白紙委任ではなく、様々な課題について常に民意を把握する努力を怠ってはならない。

人気ブログランキングへ

|

« 事業仕分け(2) | トップページ | 収穫祭 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

あ~翼が欲しい
仕事漬けの日常

投稿: ピース | 2010年10月31日 (日) 00時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/49890668

この記事へのトラックバック一覧です: 事業仕分け(3):

« 事業仕分け(2) | トップページ | 収穫祭 »