« 岩国市議選の民意 | トップページ | 事業仕分け »

2010年10月27日 (水)

沖縄知事選と民主党

 沖縄知事選で、民主党本部はとうとう自主投票に決めたようだ。
 日米関係や政権にとって最重要課題の一つである普天間基地問題への対応策を決定する重要な選挙であることは間違いない。
 その選挙に政権与党が候補者を立てない、いや立てられないというのは、政党として重大な問題である。
 沖縄の県連と本部の考え方が大きく違い調整がつかなかったようであるが、今後沖縄の民主党支援者の多くは伊波さんを応援し、政府と民主党本部は密かに仲井間知事を応援するのであろうか。自民党系の現職を政府与党が蔭で金と権力を使って応援し、民主党を支援してきた人たちの民意をねじ曲げようとするとすれば、政党として自殺行為に等しい。
 さらに、知事選は普天間問題について沖縄の民意を問う最後の重要な政治決戦である。そこに自ら候補を押し立てて参戦できないとすれば、大切な民意を聴く機会を失い、ひいては民意を踏まえた普天間問題の解決の機会を自ら放棄することになる。これでは、民主主義の政治をも放棄すると言っているに等しい。政治の自殺行為に等しい。
 同じことは岩国でも言える。
 現政府は、民間空港と愛宕山の米軍住宅化の裏取引を行うなど強力な自民党支援者である岩国市長や山口県知事の喜ぶことばかりを行い、一生懸命民主党を応援してきた多くの市民の想いを裏切ろうとしている。いくら知事や市長に協力しても彼らが民主党の協力者になることはない。一方、このままでは本当の仲間を失うばかりである。
 民意に正面から向き合おうとしない政党は、確実に衰退していく。

人気ブログランキングへ

|

« 岩国市議選の民意 | トップページ | 事業仕分け »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

あ~わ~わ~わ~わ~

ここまで来ると流石に私の思考は停止する

文章読むのも忍耐が必要だった
怒りではない
何とも言えない
説明出来ない感情に包まれた

あ~
お経でも唱えようか
賛美歌でも歌おうか

大体こうならない為に日々があろうに・・・・
あ~やだやだ

投稿: ピース | 2010年10月28日 (木) 00時14分

民主主義の原則に立って誠実に民意を実現すればいいだけのことなのに、そんな当たり前のことを自民党政権もしなかったし、民主党政権もしようとはしない。ここにはどんな力が働いているだろうかと考え込んでしまいます。

投稿: 信濃のアブマガ | 2010年10月28日 (木) 01時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/49864474

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄知事選と民主党:

« 岩国市議選の民意 | トップページ | 事業仕分け »