« 裏で糸引く山口県 | トップページ | 候補者のチラシ »

2010年10月14日 (木)

予算委員会

 衆参の予算委員会で、連日、政治とカネ、尖閣列島問題などが取り上げられている。
 政治とカネの問題では、小沢さんの国会での証人喚問が焦点になっているが、こういう場合の常套句は、旧政権の時代から次のようなものであった
 「政治家本人が決めるべきもの」
 菅さんも、これにならっているようである。
 もちろん最終的には本人が判断することになるが、その前に、政党としてどのようなけじめをつけるのかが問われるているのである。あいまいなままで放置しておいて支持率を下げるとすれば、政党として機能していない、リーダーとして役割を果たしていないことになる。
 各地に招かれ講演をしているが、小沢人気がかなり高いことに驚かされる。内外に課題が山積する中で、彼なら何かやってくれるのではないかという期待があるようだ。
 仮にそうだとしても、彼の時代はもう終わったのではないか。
 検察審査会のあり方にも問題があるかもしれないが、法は法である。今後、被告として長く裁判を闘うことになれば、政治の表舞台に立つことはできない。力の空白ができることになれば、民主党も日本の政治もかなり混乱するかもしれないが、それを乗り越えて、次の段階に進むべきである。
 それにしても、予算委員会が面白くない。一方が派手に攻め、他方はひたすら安全運転、聞いていても、後に何も残らない。将来の国づくりについて、双方の理念と政策を掲げ、国民の目の前で堂々と議論を闘わせて欲しい。特に、菅さんにとっては、自らの想いを直接国民に伝える絶好の機会である。これを有効に使わない手はない。
 政治評論家・森田実さんのホームページに、「風だより岩国」を投稿しましたので、ご覧下さい。

人気ブログランキングへ

|

« 裏で糸引く山口県 | トップページ | 候補者のチラシ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/49745255

この記事へのトラックバック一覧です: 予算委員会:

« 裏で糸引く山口県 | トップページ | 候補者のチラシ »