« 民主党代表選・公開討論会(1) | トップページ | 愛宕山の米軍住宅化(2) »

2010年9月 3日 (金)

愛宕山の米軍住宅化

 防衛副大臣が、山口県と岩国市を相次いで訪問、愛宕山の利用計画案が示された。
 直接説明を聞いていないので詳細は不明だが、米軍住宅とスポーツ施設やコミュニティセンターなどを建設するというもの。
 3~4年前に防衛省から山口県に対して、空母艦載機部隊の移駐に伴い必要となる米軍住宅の建設用地として愛宕山を買い取りたいという申し入れがあり、知事は目先の借金解消のために後先考えずに売却に同意してしまった。民間空港との裏取引も行われていたことも、すでに明らかになっており、今回の案は、予想の域を出ないものである。
 一部スポーツ施設の建設も計画され市民への配慮だとされているようであるが、防衛省の表向きの言葉にはごまかしが多いことを、我々は知っている。安全安心のためと説明された滑走路の沖合移設がいつの間にか空母艦載機部隊移駐の受け皿にされてしまったことで、甘い言葉の裏には、必ず裏があることを身を持って学んだはず。
 米軍基地ではどこも、住宅とショッピングセンターなどが併設されている。愛宕山についても、防衛省は、米軍の要求に応えて当初から住宅だけでなく関連する福利厚生施設の建設を計画していたのである。つまり、野球場などは市民のためでも何でもなく、アメリカ軍のために建設されるものである。
 これまで、知事と市長は、米軍住宅化という事実をひた隠しにしてきたが、今回防衛省の意図が明確になった以上、次は、市民の大切な土地を売り飛ばしてしまうのかどうか、知事と市長の方針を明確に示すべき。

人気ブログランキングへ

|

« 民主党代表選・公開討論会(1) | トップページ | 愛宕山の米軍住宅化(2) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/49339231

この記事へのトラックバック一覧です: 愛宕山の米軍住宅化:

» Twitter Trackbacks []
[続きを読む]

受信: 2010年9月 4日 (土) 01時15分

« 民主党代表選・公開討論会(1) | トップページ | 愛宕山の米軍住宅化(2) »