« 知事の言葉 | トップページ | ブログのコメントより »

2010年9月30日 (木)

尖閣諸島問題

 「わが国国民への影響や、今後の日中関係を考慮すると、これ以上、身柄を拘束して捜査を続けることは相当ではないと判断した」として、那覇地検は、中国人船長を釈放した。
 法に基づき粛々と対応するとしていた政府の方針が、急に変わり、強まる中国の圧力の前に屈した形になった。
 これをめぐって様々な議論が行われているが、私なりに感じたことをまとめてみたい。
1.言うまでもなく、検察は法に基づき処理することが任務であり、「日中関係を考慮する」ことはその守備範囲を大きく超えるし、結果について何の責任も負えない立場である。検察が一番そのことをわきまえているはずであり、政府の指示により今回の措置が行われたことは疑いの余地がない。
2.にもかかわらず、菅さんも前原外相も、検察の判断であり、政治の介入は一切ないとくり返し言明している。総理大臣が国民の前で嘘をつくなんてとんでもない。一度嘘をつき国民の信用を失ったら、誰も菅さんの言葉を信じなくなる。そうなってしまったら、政治はできない。
 もちろん、外交交渉の過程をすべて明らかにする必要はないが、少なくとも意思決定を行った場合には、その経過と今回の措置をとった理由を明確に国民に語り、その批判を受けるべきである。
3.お互いに言い分はあるにしても、いたずらに対立を長引かせることは得策ではなく、今回の措置もある程度理解できる。通常、一定のところで妥協する場合には、これ以上お互いに文句は言わないという内々の合意、いわゆる手打ちが行われていると考えるのが普通であるが、その後、中国側から新しい要求が出されるようでは、事前の調整が十分になされていなかったようである。相手の意向も確かめずに、圧力に動揺しただ一方的に譲歩するというのでは、日本には外交が全くないということになる。

人気ブログランキングへ

|

« 知事の言葉 | トップページ | ブログのコメントより »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

あっぱれである

投稿: ピース | 2010年10月 1日 (金) 23時11分

ひとつ加えると
民主党が『東アジアとの新たな協調』を考えるなら、大国中国の本質を知り、方針を立てれる豊富な情報入手の機会を失ったことである。
兵法の極意は相手を知り、己を知ること
自分達の思い通りに成らないときは、実は相手を知るチャンスである。

怯えず、恐れず
アジアの平和外交を行って欲しいものである

投稿: ピース | 2010年10月 1日 (金) 23時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/49609952

この記事へのトラックバック一覧です: 尖閣諸島問題:

« 知事の言葉 | トップページ | ブログのコメントより »