« 代表選挙が終わって | トップページ | 組閣 »

2010年9月16日 (木)

ブログへのコメントより

 私のブログに次のようなコメントがあった。岩国弁で書かれており少しわかりにくいかもしれないが、そのままご紹介する。

「400メートルも野球場も岩国市に申し込むんじゃけえ作ったらええんじゃ」という目立ちたがりの年配の人。「それは間違い」作られるものは岩国市民の物ではない「米軍人とその家族のもので、それを日本の税金で作ってあげる」、と説明、その使用は米軍の許可があって使える、と付け加えた。
 目立ちたがりの年配は、そんなことはニュースで言わなかった、という。ニュースの作り方が故意か国の分かりにくい説明文を理解しないで伝えている、と再説明した。
 情報は聞いたり見たりする人へ分かりやすく伝える責任がある。
 行政に都合の良い内容の公的な説明を鵜呑みに流すのは、報道としていかがなものか。

 また、知人のWebジャーナリストの方から、先日発生した米軍属の交通事故報道が十分になされていないとのご指摘をいただいた。

 マスコミは、行政の長などに遠慮して、彼らの記者会見の内容など表面的な事象を形式的に報道すればこと足れり、それが客観的報道だと考えているようである。そうした姿勢が、市民に誤解を与えることになる。
 政治が堂々と嘘を言い、マスコミがそのまま報道し、それを市民が信じて世論が形成
される。もっと真実を伝える努力をすべきだし、それができる新しい媒体が欲しい。

人気ブログランキングへ

|

« 代表選挙が終わって | トップページ | 組閣 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

正にその通り
人間が考えるものにそもそも客観なんてものはなく、客観を追求すると形式的になるかもしれません

だからジャーナリストは「私(達)のこういった主観に立ち、こういう風に報道させていただきます。みなさんの如何なる主観でもって如何様にも考えてください。但し、『見聞が広がった』『そりゃ嘘だろ』如何なる意見もドシドシ下さい。その意見を私達はなるべくわけへだてなく公にお伝えしたく存じております。
それが客観に近い主観を皆様に提供できる道だと考えるからです。」
私の主観ではこれが正しい!

投稿: ピース | 2010年9月17日 (金) 12時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/49471691

この記事へのトラックバック一覧です: ブログへのコメントより:

« 代表選挙が終わって | トップページ | 組閣 »