« 山口県知事のごまかし | トップページ | 愛宕山の米軍住宅化 »

2010年9月 2日 (木)

民主党代表選・公開討論会(1)

 日本記者クラブ主催の公開討論会が行われた。
 論点の一つとして、「政治とカネ」が取り上げられた。説明責任が果たされていないとの記者から質問に対して、小沢さんは「強制的な捜査を全部受けてそれで何の不正もないということでありますので、そのことで国民皆さんにご理解を頂きたいと思います」という答弁に終始した。
 法に触れなければ何をやっても構わないと言わんばかりの議論では誰も納得しない。問題がないのであれば、お金の出入りを速やかに明らかにすべき。この選挙戦の期間中、同じ答弁を繰り返していたら、国民の疑惑は深まるばかりであろう。
 これに対して菅さんは、次のように発言。
「金と数ということを、あまりにも重視する政治こそが古い政治であり、小沢さんの政治のあり方には『お金と数の原理』が色濃くある。今回、代表選に立候補されたので、より国民の皆さんが納得できる形での説明はされなければならない。」
 菅さんにとってはここが攻め所と意気込むのは無理もないが、クリーンでオープンな政治を目指す菅さんとの政治スタイルの違いが明らかになればなるほど、同一の政党に所属することの不自然さが目立ってくる。
 あまり多くを語らない小沢さんの考え方を直接聞くことができる貴重な機会であり、誹謗中傷合戦に終始するのではなく、日本をどのようにリードするのかという観点から、中身のある議論を期待したい。

人気ブログランキングへ

|

« 山口県知事のごまかし | トップページ | 愛宕山の米軍住宅化 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

なかなか良い視点ですね
勉強に成りました

投稿: ピース | 2010年9月 3日 (金) 01時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/49328473

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党代表選・公開討論会(1):

« 山口県知事のごまかし | トップページ | 愛宕山の米軍住宅化 »