« 民主党代表選挙(3) | トップページ | 民主党代表選・公開討論会(1) »

2010年9月 1日 (水)

山口県知事のごまかし

 愛宕山の米軍住宅化に関する山口県知事の言葉の変化を追ってみる。
 すでに3~4年前に米軍住宅化は百も承知の上で愛宕山の防衛省への売却を決めているにも拘わらず、そのことはひた隠しにして、「無条件で防衛省に買取を求めている」と一貫して説明してきた。
 しかし、そんな虫のいい話が通るはずもなく、新政権になって空母艦載機の岩国移駐に伴う米軍住宅も含む米軍施設の建設用地として、2010年度予算に買取経費が計上されると、
「米軍施設も無条件の内」と大きく方針転換した。
 但しこの時点では、次のように歯止めをかけた振りをすることも忘れていなかった
「空母艦載機移駐の関連であれば、売らない」
 そして、今回防衛省の愛宕山利用計画案が示されると聞くと、31日の記者会見で
「岩国市の意向を尊重するという姿勢で臨む。県としては、米軍住宅化であっても問題ない」
 利子が嵩む中で早く売りたいという焦りが出てきたのか、跡地が何に転用されようと関係ないという本音があからさまに出てきた。当初の「無条件で」という言葉から考えると、180度の方向転換と言えよう。
 こうした経過を見ていると、ごまかしや逃げに終始していることがよくわかる。口先だけでごまかすのではなく、真実を堂々と語り、県知事としての考え方を明確に示すべきである。
 このことは、そのまま岩国市長にもあてはまる。

 「7 Generations Walk」の若者たちに出会った。
 10月に名古屋で開催されるCOP10(生物多様性世界会議)に向けて、名古屋まで歩くという。文字通り多様な若者たちが思い思いに参加しているが、7世代先の子どもたち(7 Generations)の幸せのために歩くというその目的が素晴らしい。
 目先の利に目がくらみ、次の世代の生活を犠牲にする人たちと対照的である。
  http://7gwalk.org/walkcop10/index.html

人気ブログランキングへ

|

« 民主党代表選挙(3) | トップページ | 民主党代表選・公開討論会(1) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

まさに ごまかし の天才と言いたいところですが

そう 頭もよくないようですね。 県民は嘘に聞きあきています。

真実を明らかにし 知事としての自覚をしっかり持ち一転二転と転げまわる

うそつき政治を正すべきです。

投稿: 津久井万喜 | 2010年10月21日 (木) 21時33分

昨日 山口県のニュースで 県の財政難をしていました。しかし 個人的に 受けた感想は 高齢者や福祉なども あげられていたが、県内には不要なダムなど 無駄は沢山ある。それは 県民が無駄使いしたのではなく、知事が借金を増やしたのです。
さらに 昨年は 高齢者や障害者 などの医療費の限界を知事が示しましたが、なぜ弱者へ先に向いたか? カットする場所すら解っていませんね。県民の意見を尊重するといい 平気で裏切る。無駄をカットといっといて しないコロコロはいつまで続くのでしょう。山口県は上ノ関原発や、岩国米軍基地など他県からみても、難しい問題があります。二位知事には無理でしょう。 出きれば報道も 良いとこ採りでなく 真実を発信して頂きたいです。

投稿: 津久井万喜 | 2010年11月 4日 (木) 16時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/49319798

この記事へのトラックバック一覧です: 山口県知事のごまかし:

» Twitter Trackbacks []
[続きを読む]

受信: 2010年9月 2日 (木) 13時30分

« 民主党代表選挙(3) | トップページ | 民主党代表選・公開討論会(1) »