« 民主党代表選挙 | トップページ | 代表選挙が終わって »

2010年9月14日 (火)

菅さんの勝利

 予想通り、菅さんの勝利。ポイントの上では思った以上に差がついたが、国会議員の票は真っ二つ。党員・サポーターの各地区のポイントは勝った方の総取り方式なので、5対1と大差がついたが、実際の投票数は、6対4の割合であったという。
 政治とカネの問題や総理大臣を短期間で代えるべきではないという声が圧倒的に強く、闘う前から小沢さんは大きなハンディを背負っていた。それにも拘わらず、これだけの票を取るというのは、彼の力の大きさを端的に物語っている。理念や政策に関してはあまり中身がないように思うが、部外者にはわからない強い影響力、一種のカリスマ性を持っているのであろう。
 一方で、菅さんに対する期待感はあまり盛り上がっていないこともあり、今後の政権運営には、多くの困難が予想される。
 「挙党一致」政治家が好んで使う言葉であるが、今後の人事を考える上で、一つのキーワードになる。
 「挙党一致」と言えば、聞こえはいいが、その意味するところを知っておく必要がある。
 自民党時代に「挙党一致」と言えば、各派閥の意向を尊重して大臣や党役員を起用するいわゆる派閥均衡人事と同義語であった。今回も同様に、「挙党一致」という美名のもとに小沢さんの意向が人事に強く反映されることになれば、当面政権は安定するように見えるかもしれないが、それでは民主党らしい新しい政治はできず、結局国民の支持を失うことになる。
 逆に、小沢外しを徹底すれば、さらに党内の亀裂を深めることになる。
 どちらの道を選ぶのか、菅さんと取り巻きの判断が注目される。
 それにしても、闘いが終われば後にしこりを残さず、党内が一致協力して国民のために働くというのが、政党の本来のあり方である。いつまでも「挙党一致」がキーワードになるようでは、本物の政党とは到底言えない。

人気ブログランキングへ

|

« 民主党代表選挙 | トップページ | 代表選挙が終わって »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

>5対1と大差がついたが、実際の投票数は、6対4の割合であった
小選挙区制の歪と同じなんですね。小選挙区制度をしかけたのは小沢氏でしたっけ。

「挙党一致」の解釈、よくわかりました、ナルホドです。

Twitterでは、仙石氏と枝野氏の支持母体が自治労、ここの組織票が菅氏に動員されたと呟いてましたが、これも信憑性が高いのでしょうか?

投稿: 信濃のアブマガ | 2010年9月15日 (水) 03時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/49449400

この記事へのトラックバック一覧です: 菅さんの勝利:

« 民主党代表選挙 | トップページ | 代表選挙が終わって »