« 民主党代表選 | トップページ | 民主党代表選(2) »

2010年8月29日 (日)

政府の嘘

  「うそをついてはいけない」「正直になりなさい」大人が子どもにそう諭すことがある。どうやらわれわれは自国の政府に対し、同じように諭さなければならないらしい。

 先日の沖縄琉球新報の社説である。

 辺野古に建設予定の飛行場の飛行経路に関する政府の説明が嘘であることがわかった。アメリカ側の説明によると、図のようにもっと陸地、住宅地に近い方を飛ぶという。もちろん政府はそのことは承知の上で、沖縄の人をごまかしてきたようだ。0829henoko

 実はこれは氷山の一角である。

 防衛省は、アメリカとの協議の実態を決して明らかにせず、国民に対しては実際より負担を小さく見せようとする。米軍基地に関する防衛省の説明はごまかしである場合が多い。

 似たような話は岩国でもある。空母艦載機部隊の岩国移駐に関して、防衛省は一定の飛行経路を前提にした騒音予測図をもとに被害はそれほど大きくはならないと説明したが、住民から突っ込まれた末、単なる予測であり実際の騒音がどうなるかを担保するものではないということが明らかになった。現在も、日米合意を無視するかのように、住宅地の上が飛行コースになっている。要するに、アメリカ側とは何も合意されていないのである。

 今回の辺野古の件でアメリカ側は「正直に説明すべきだ」と日本の政府を諭したという。何とも情けない話である。

 住民の安全安心などに関する合意を実効あるものにするためには、アメリカ側も加えた三者合意にする必要がある。


人気ブログランキングへ

|

« 民主党代表選 | トップページ | 民主党代表選(2) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

何年か前の全日空の墜落事故も米軍基地が無ければ起こらなかったかも知れない。
何故なら、今でもでしょうが、制空権の問題で成田には迂回ルートで入らないといけないとか

あの事故の直接的な原因でないとしても、見えないところで多大な犠牲を強いられてると思うし、事実だろう

投稿: ピース | 2010年8月30日 (月) 11時56分


よく、このブログを読ませていただいています。

この日は、字が大きくなって、読みやすかったですが、
翌日には、もとに戻ってしまいました。少し残念。

ちなみに、私は40代です。
凛としたブログのファンです。
happy01heart04

投稿: 明日香 | 2010年9月 1日 (水) 08時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/49290625

この記事へのトラックバック一覧です: 政府の嘘:

» Twitter Trackbacks []
[続きを読む]

受信: 2010年8月30日 (月) 12時58分

« 民主党代表選 | トップページ | 民主党代表選(2) »