« 同窓会 | トップページ | 住民意思の尊重を求める意見書 »

2010年8月15日 (日)

靖国神社への参拝

 終戦の日、新政権の大臣たちは一人も靖国神社に参拝しなかった。これも政権交代の意味であろう。
 以前は、この日が近付くと、決まって総理大臣や閣僚の参拝が大きな問題としてマスコミに取り上げられた。一つには、やはり「信教の自由」という観点から、また、対外的には中国や韓国から戦争責任との関係で厳しい批判を浴びてきた。
 そうした軋轢を起こしながらも、これまで多くの総理大臣や閣僚たちの参拝する姿が見られた。公用車で警護の人を引き連れて行きながら、私人としての体裁をむりやり整えるために玉串料だけは私費で払ったり、15日を避けて事前にこっそり参拝したり・・・。
 小泉さんの時がそうだったように、総理大臣の行動や発言は国の意思であると取られ、中国や韓国の大きな反発を招いたことは記憶に新しい。
 戦争を顧みて犠牲者を悼む気持ちは決して忘れてはならないが、政府が公式に関与して内外にいたずらな問題をひき起こすことは得策ではない。
 歴史の反省の上に立って、二度とあのような悲惨な戦争を起こさないような環境を作ることが、政治の一番大切な使命である。もちろん、近隣諸国との安定した信頼関係を築くことも重要である。今回の菅さんの冷静な判断は、評価できる。
 もちろん、参拝するかどうかは個人の自由であり、内閣の方針として一つに決めたとしても、何の問題もないことは論を待たない。
 「首相や官房長官が方針として決めたのであれば、信教の自由上、問題がある」との安倍晋三さんの発言が的を外れていることは明らかであろう。

人気ブログランキングへ

|

« 同窓会 | トップページ | 住民意思の尊重を求める意見書 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/49154527

この記事へのトラックバック一覧です: 靖国神社への参拝:

« 同窓会 | トップページ | 住民意思の尊重を求める意見書 »