« 小沢さん民主代表選へ | トップページ | 民主党代表選 »

2010年8月27日 (金)

政治家の大義

 「私は私の一存で小沢先生には民主党に入っていただいた。その経緯からして、私としては応援をする。それが大義だ。」
 昨日の鳩山さんの発言である。言葉じりをとらえたくはないが、やはり気になる。
 意味するところは、2003年の民主党と自由党の合併の際の借りがあるから返さなければならないということ。こうした義理人情も、人の生き様として大切なものであり否定はしないが、国民の負託を受けた政治家にとっては、国民のために働くことが唯一無二の大義でなければならない。
 国会で首班指名を受けた一国のリーダーをわずか数か月で取り替えることは、国民の視点で見ると何のプラスにもならない。一方で、政治の空白と混乱がもたらす不利益は計り知れない。
 自民党の総裁や民主党の代表の任期がいずれも2年と短かく、場合によっては総理大臣という最重要なポストが、政党という私的な団体の内部規則により左右されるというのは、本末転倒ではなかろうか。
 選挙により信任を得て総理大臣が誕生すれば、次の総選挙までは政党を挙げてトップを支えるべきであり、その間の代表選挙は実施しないというルールを作るべきである。
 実力者同士の一騎打ちであり、党内を二分する激しい闘いになりそうである。その際にポイントとなるのが、各グループや新人議員の帰趨であると言われ、連日マスコミで、その動向が取り沙汰されている。
 グループでまとまって行動するということは、即ち、ボスの意向やお金やポスト、義理人情などに影響され、国民の見えないところで議員の判断が決まるということ。
 忘れてもらっては困るのは、政治家は派閥やグループに責任を負っているのではなく、一人ひとりが選挙で選ばれ国民に責任を負っているということ。重要な判断をする場合には、何物にも影響されず最後は一人になり自らの良心に従うべきである。それが国民に対する責任を果たすことである。

実りの秋
0825minori

人気ブログランキングへ

|

« 小沢さん民主代表選へ | トップページ | 民主党代表選 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/49269168

この記事へのトラックバック一覧です: 政治家の大義:

« 小沢さん民主代表選へ | トップページ | 民主党代表選 »