« 航空機騒音 | トップページ | 愛宕山の集い »

2010年8月10日 (火)

韓国併合百年首相談話

 日本による韓国併合から今月で百年になるのを機に内閣総理大臣談話が閣議決定された。
 以下抜粋する。
「100年前の8月、日韓併合条約が締結され、以後36年に及ぶ植民地支配が始まりました。三・一独立運動などの激しい抵抗にも示されたとおり、韓国の人々は、その意に反して行われた植民地支配によって、国と文化を奪われ、民族の誇りを深く傷つけられました。
 私は、歴史に対して誠実に向き合いたいと思います。歴史の事実を直視する勇気とそれを受け止める謙虚さを持ち、自らの過ちを省みることに率直でありたいと思います。痛みを与えた側は忘れやすく、与えられた側はそれを容易に忘れることはできないものです。この植民地支配がもたらした多大の損害と苦痛に対し、ここにあらためて痛切な反省と心からのおわびの気持ちを表明いたします。
 このような認識の下、これからの100年を見据え、未来志向の日韓関係を構築していきます。
 さらに、日本政府が保管している朝鮮王朝儀軌等の朝鮮半島由来の貴重な図書について、韓国の人々の期待に応えて近くこれらをお渡ししたいと思います。
 日韓両国は、民主主義や自由、市場経済といった価値を共有する最も重要で緊密な隣国同士となっています。それは、将来の東アジア共同体の構築をも念頭に置いたこの地域の平和と安定、世界経済の成長と発展といった地球規模の課題まで、協力してリーダーシップを発揮するパートナーの関係です。
 私は、この大きな歴史の節目に、日韓両国のきずながより深く、より固いものとなることを強く希求するとともに、両国間の未来をひらくために不断の努力を惜しまない決意を表明いたします。」

 歴史に素直に向き合い、その上に新しい関係を作るという菅さんの意思がよく表れており、評価したい。
 日米関係ばかりが注目されるが、今後50~100年を考えれば、北も含めて朝鮮半島や中国との関係がより重要になることは明らかである。不幸な過去をきちんと踏まえてアジアの隣人との信頼関係をいかに築いていくかが、この地域の平和と安定の鍵になる。
 単なる談話に留まることなく、様々なレベルでの交流を深めるなど具体的な行動が求められる。

人気ブログランキングへ

|

« 航空機騒音 | トップページ | 愛宕山の集い »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

平和と安定
これをどういった視点で切るかによって大きく異なる
今人類は戦争を無くす事が最重要課題である
何故なら噂で、地震発生装置が存在しているという
大震災はそこに住む人のモラルが低下して起こるもの!つまり、復興というプロセスで人間性を成長させるわけである!
この領域まで人為的に行うなら、人類は多大な犠牲を払う事になる
単なる噂なら良いのだが
火のないところに煙は立たず
もしそうなら止めなければ成らず!
仮にそうだとするなら、何故そういう事が行われるのか!
そういう事が容認されているから!
戦争と同じ
権利者の都合で人民が被害を被る事が、理由を付けては容認され続けてきた!

物質文明が発展し過ぎた今、戦争を否定する事が、人類が何百年も存在出来る下地を作る一番の近道だと思う

こういった点で、菅さんの発言は評価します

投稿: ピース | 2010年8月11日 (水) 12時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/49116843

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国併合百年首相談話:

« 航空機騒音 | トップページ | 愛宕山の集い »