« 防衛省からの情報開示 | トップページ | 政治家の大義 »

2010年8月26日 (木)

小沢さん民主代表選へ

 小沢さんが民主党の代表選挙に名乗りを上げた。
 相変わらず本人は何も語らず、周辺によると、菅さんはマニフェストを守らない、菅さんでは国会を乗り切れない・・・などの理由が挙げられているが、これらは口実に過ぎず、権力闘争以外の何ものでもない。選挙を取り仕切り今の民主党を作り上げたという自負を持つ小沢さんにとって、菅さんの小沢外しは我慢ができなかったのであろう。
 これで約1カ月間、政治は事実上機能しなくなる。
 急激な円高の進行など内外に課題は山積しており、内輪もめをしている暇などないはず。
 そもそも国民の負託を受けて政権を担うということは、国民の生活を預かることであり、総理大臣の下に与党と内閣が一致協力して国民のために働くことが最大の責務である。
 勝手な都合でトップをコロコロ代えることなど許されない。一旦総理大臣を選べば、そのリーダーシップの下に国民のための政策の実現に最大限の努力をし、次の総選挙で国民の審判を受ける。選挙に勝てばもちろんそのまま続投し、負ければ潔く退陣(政界も引退すべき)する。即ち、国民に責任を持つべき総理大臣という行政のトップの交代は、必ず選挙という民意を受けて行う。これが民主主義の常道であろう。
 しかし、すでに賽は投げられた。
 本質的に異質のものを抱えたままでは、政権与党して十分な責任が果たせるはずもない。混乱が生じるかもしれないが、理念を共有し、国民の負託に応えることができる本物の政党が誕生するきっかけになることを期待したい。

 日本縦断中の大学生の突然の来訪。政治を志す若者との議論、大いに盛り上がる。
0825gakusei

人気ブログランキングへ

|

« 防衛省からの情報開示 | トップページ | 政治家の大義 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

自己正当化の弁が多く、国民が求めているものに言及していない。

投稿: | 2010年8月27日 (金) 14時19分

結局、子孫に何を残すのか
単なる名声なら今の二世三世と同じになり、家の繁栄は外郭的なものとなるだけ

一時的な事では判断出来ないが、大切なのはそこでしょう

『イワンの馬鹿』になれば、菅さんでは自分が持つ政治理念に合わず、自分ならかなりの課題が解決出来、そのための罵詈怒号はなんのそのだから、出馬するのでしょう

投稿: ピース | 2010年8月27日 (金) 22時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/49261272

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢さん民主代表選へ:

« 防衛省からの情報開示 | トップページ | 政治家の大義 »