« 韓国併合百年首相談話 | トップページ | 安全安心対策??? »

2010年8月11日 (水)

愛宕山の集い

 「愛宕山を守る会」を中心に「愛宕山を守る市民連絡協議会」が支援する形で、お盆明けから「愛宕山開発跡地見守りの集い」が開催されることになった。
 第1回目の日程は次の通り。
  日時 8月21日(土)午前10時から12時
  場所 愛宕神社前公園(予定)
 今後、毎月3回、「1」のつく日(31日は除く)に定期的に開催される予定。
 防衛省は今年度予算に計上した愛宕山の買取経費の執行を迫られており、山口県知事も岩国市長も内心では一刻も早く売り飛ばしたいと思っているので、早ければ9月の市議会にその提案が行われる可能性が高くなっている。
 何度も言うが、愛宕山を米軍基地に提供することは、市の収入(固定資産税)が大きく減り、地元業者による住宅開発という大きな経済効果も失われ、将来のまちづくりには大きな障害となるなど、政策としては最悪の選択である。
 どうしてこんなひどい政治になるのかと言えば、彼らにとっては、市民の未来よりも自らの責任逃れが最優先であるから。
 愛宕山周辺の住民には、何も知らされていない。一方的に治外法権のフェンスが張られようとしている。こんな理不尽なやり方は許せない、「愛宕山に米軍基地はいらない」という強い意思を示すために、新たな闘いが始まろうとしている。我々もしっかり支えていく。

人気ブログランキングへ

|

« 韓国併合百年首相談話 | トップページ | 安全安心対策??? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/49124860

この記事へのトラックバック一覧です: 愛宕山の集い:

« 韓国併合百年首相談話 | トップページ | 安全安心対策??? »