« 米子にて | トップページ | 平和宣言 »

2010年8月 5日 (木)

岩国市の密約

 民間空港と愛宕山の米軍住宅化に関する岩国市と県や防衛省との裏取引の様子を克明に記録した「密約」(市長協議報告書)の公開を求めて、昨年9月、市民グループ「岩国を守る会 風」が訴訟を提起していたが、昨日5回目の口頭弁論を持って結審し、10月6日には判決が言い渡されるとのこと。
 行政の持つ情報は原則公開であり、仮に拒否するのであれば、公開することにより市民に与える不利益を岩国市の側が具体的に証明する必要があるが、この間岩国市は、意思形成過程の情報、想定問答などと次々に主張を変えるものの、市民にどのような不利益が生じるのかという肝腎な点については何の説明もしていない。最後は、原告の開示請求はその所持する資料との照合を目的としているので「権利の濫用」だと、信じられないような議論を持ち出す始末。全体として法律論と言えるものではなく、次々にへ理屈を持ち出してきて、市民の知る権利を妨害しようとするその姿勢にはあきれてしまう。
 密約には、すでに2年前に、防衛省から次のように言われ、市長がその取引に応じた場面が出てくる。
「水面下でもいいから、民間空港をやるためには愛宕山への米軍住宅建設を了承して欲しい。さもなくば、民間空港はストップするぞ・・・」
 これが事実とすれば、岩国市長や山口県知事のこれまでの議会答弁などは、すべて嘘であったことになる。重要な事実が意図的に隠されたまま行われた都市計画変更の手続きには、重大な瑕疵あり無効である。
 それにしても、私の時代に情報公開条例が成立、いいものができたと思っていたが、運用の仕方如何で、逆に情報を隠す手段に使われるということを思い知らされた。
 しかも、裁判には多大な労力と時間、経費がかかり、行政側でも無駄な税金が使われてしまう。
 例え都合の悪いものであろうとも、条例に基づき、きちんと公開していれば、この間、議会や市民の間でも実り多い議論が行われ、別の解決策が見つかっていたかもしれない。失われた時間は、決して戻ってこない。

人気ブログランキングへ

|

« 米子にて | トップページ | 平和宣言 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

表彰状
あなたは悪人達がはびこる中、市民自治というキビダンゴで鬼を浄化させようという意図をここに評します

投稿: ピース | 2010年8月 9日 (月) 16時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/49070013

この記事へのトラックバック一覧です: 岩国市の密約:

« 米子にて | トップページ | 平和宣言 »