« 参議院選挙 | トップページ | 言葉づかい »

2010年7月13日 (火)

参議院選挙が終わって

 参議院で与野党が逆転した。再び「ねじれ国会」になり、法律案が通らない。菅政権は窮地に陥った。みんなの党や公明党などを念頭に連立の組み替えや政策ごとの連携を目指す動きも・・・
 こうした話題で持ちきりだが、ちょっと待って欲しい。
 もちろん、衆参両院で多数を握り安定的な政権運営ができれば言うことはない。しかし、二院制の下では、同日選挙でもやらない限り両院の選挙は数年おきに交互にやってくる。長く続いた一党支配の時代ならあまり問題にならなかったが、政権交代が行われることになれば、こうした「ねじれ」が生じることは、ある程度予想されたことであり、その度に、うろたえ、右往左往してはいけない。
 数年前に、当時の福田首相が「国会でいじめられ大変なんですよ」と泣きを入れ、政権までも投げ出してしまったことがあるが、許されることではない。
 国会は、「議事堂」、議論の場である。国民の目の前で各政党が堂々と議論を闘わせ、そして法律や予算を作っていく。これが国権の最高機関の役割である。中央でも地方でも、議会と言っても名ばかり、ほとんど裏取引で議案採決の行方が決まり、実質的な議論が行われない場合が多い。議論するからには、双方が歩み寄り成案にしていく努力が求められる。
 「法律案は、両議院で可決したとき法律となる。」
 憲法第59条の規定であるが、まさにその通り。野党は何でも反対する、与党は強行採決で少数の意思を踏みにじる、これでは、議会というものは何も機能しない。
 政府は、その政策を実現するために堂々と議案を出せばいい。国会は、それを正面から受けとめ、時に妥協し、修正し、最後は両議院で可決し成案とすべきである。
 「ねじれ」においてこそ、国会と内閣、そして政党の真価が問われることになる。

人気ブログランキングへ

|

« 参議院選挙 | トップページ | 言葉づかい »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

正にその通り

しかし、自民党と民主党の間だけ票が行き来している
右往左往してるのは国民も同じ!
なぜ社民党に票が流れない?
党の政治能力うんぬんより、新たなキッカケを探った方が良いと思う

ふと浮かんだ言葉だが『悟りを求め悟りを得ず』これに似た格言は有るでしょう。幾ら急速に追い求めても、結局行き詰まる。求めながら、得ていないと悟ることが、物事を俯瞰出来る急所かと

政治不安、雇用不安に怯え、今すぐ何かして欲しいと漠然とした気持ちに支配されると、上辺の政治能力にしか目が行かず、右往左往するのかもしれない。
かつ、大切な国会の運営自体に多大な無駄がある事に目がいかないのだろう。

人知は一日にして成らずである

投稿: ピース | 2010年7月14日 (水) 01時49分

ひょんな事から野中広務さんのエピソードを調べてみた!
愚息ながら初めて知った。名前だけは分かっているレベルだった( ̄∀ ̄)
戦争体験者が生きてる内に受け継げるものは受け継いでおきたいなぁ
出来ることなら

多分「お前なんかベランベェだよ」と言われるだろうが
( ̄∀ ̄)

投稿: ピース | 2010年7月14日 (水) 10時06分

 社民党も連立を組んだ時点で僕個人は見切りをつけました。
連立解消で火の粉をかぶりたくないと言うように逃げるような形で
連立解消をしたことに失意を感じました。自ら進んで連立を組みながら
解消時には辻元氏は、連立時代は手錠にはめられた感じであります。
と言う無責任極まりない発言までしていました。福島瑞穂氏の消費者
担当大臣罷免の際もかろうじて筋を通した形になりましたが市民運動に
深く関わっている人たちからは、よくやったと言う言葉を聞かれましたが
僕自身は時代劇のお涙頂戴のような感じにしか受け取れませんでした。
こうも政治が腐敗した要因に無関心を考えなければならないと思います。

投稿: 月光浴 | 2010年7月15日 (木) 05時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/48871832

この記事へのトラックバック一覧です: 参議院選挙が終わって:

« 参議院選挙 | トップページ | 言葉づかい »