« 草の根講演会 | トップページ | 参議院選挙が終わって »

2010年7月12日 (月)

参議院選挙

 選挙が終わった。
 「政治とカネ」や「普天間問題」で一方的に攻め込まれていた鳩山さんの時代に続いて、勢いよく登場した菅さんも、気負い過ぎて消費税で「オウンゴール」。
相手の批判ばかりで何も変わっていない自民党。
漁夫の利を得たのが「みんなの党」。
 すでに渡辺党首は、マスコミに引っ張りだこ。その一枚看板は「行政改革」であるが、果たしてそれが本物であるか、まだわからない。マニフェストや演説で強調される表面的な政策はどこもあまり変わり映えしない。それだけでは政治の本質がわからない。いくらきれいごとを言っても、その土台となる政治の手法が旧態依然としたもの、特定の団体や業界、そこから生じる利権などとつながっていれば、いずれその実態が白日の下に晒されることになる。
 また、以前このブログでも書いたが、みんなの党の目指しているのは政界再編だという。言い換えれば、他の政党やグループと一緒になっていずれ解散することが予定されているいわば「暫定政党」のようなものであり、自ら政権を取り、その理念と政策を実現するという「政党」の本来のあり方とは、かなり違うものである。
 我々の知らない裏取引などで、いつの間にかとんでもない所に飛んでいくことにならなければいいのだが。

 早速、菅さんや執行部の責任を問う声も上がっているという。
 確かにねじれの中で、難しい政権運営を迫られるであろうが、現行憲法の枠組みの中で、次の総選挙まで政権を委ねられているのは紛れもなく民主党である。外交・防衛や今回の消費税騒動など官僚たちの筋書き通りに進んでいるように見えるが、政権交代で掲げた「官僚主導から政治主導へ」という大義を忘れないで欲しい。
 一つの選挙結果やましてマスコミの支持率調査などで右往左往すべきでない。自らの掲げた理念を実現するために邁進することである。

人気ブログランキングへ

|

« 草の根講演会 | トップページ | 参議院選挙が終わって »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

正にその通り
正にその通り
正にその通り

そんで、おいらに出来る事をやって行かないとね

投稿: ピース | 2010年7月13日 (火) 21時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/48862878

この記事へのトラックバック一覧です: 参議院選挙:

« 草の根講演会 | トップページ | 参議院選挙が終わって »