« 平瀬ダム | トップページ | 防衛省に対する情報公開請求 »

2010年7月 8日 (木)

参議院選挙の争点

 あれほど問題になっていた「政治とカネ」や「普天間」がすっかり蔭をひそめ、消費税論争が賑やかである。
 争点隠しという狙いが見事に当たったが、一方で国民の反発も強く、最近では菅さんも釈明に追われているようであり、全国の立候補者たちもほとんど素通り。我が家に届いた選挙公報を見ても、山口県の民主党と自民党の候補者は、消費税には一言も触れていない。菅さんと取り巻きの一部が先走って、策に溺れた感、無きにしも非ず。
 昨年の民主党のマニフェストの目玉は、次の部分であろう。
「官僚丸投げの政治から、政権党が責任を持つ政治家主導の政治へ」
 いわゆる、官僚主導から政治主導へ、そして、政官業の癒着を断ち切る、まさに政治の仕組みを根本的に変えることを目指したものであった。子ども手当や高速道路の無料化などの表面的な政策に目が向きがちであるが、政治のあり方にまで踏み込んだところに、今回の政権交代の歴史的な意義があった。
 しかし、今年のマニフェストはどうであろうか。
 「強い経済・強い財政・強い社会保障」を作ることが強調されている。容易なことではないが、それらが同時に実現できれば素晴らしいことである。
 しかし、こうした政策を実現するためには、その基盤となる「政治のあり方」をまず変える必要がある。即ち、情報をオープンにし、国民と一緒に考え、国民の意思を実現する、こうした政治なくして、痛みを伴う真の改革はできない。
 外交の基本方針として掲げた「緊密で対等な日米同盟関係をつくる」という文言も冒頭から消え、普天間基地の移設や空母艦載機部隊の岩国移駐など、米軍再編については従来通り実施するという。外交・防衛の分野においては官僚たちの力が強く、彼らが書いた台本通りに進んでいるように見える。消費税騒動も、財務省の筋書きであると言われている。
 根強い官僚たちの抵抗を排して真の政治主導を実現できるかどうかが、今回の選挙の隠れた重要な争点である。国民がどのような審判を下すのか、政治はどのように展開していくのか、目が離せない。

人気ブログランキングへ

|

« 平瀬ダム | トップページ | 防衛省に対する情報公開請求 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

消費税は生活必需品や食料品は据え置いてほしい、ダイヤモンドやヨットなどの贅沢品に高税率をかければ穴埋めできるのでは?

投稿: | 2010年7月 9日 (金) 10時02分

bearingこの国は官僚が滅ぼすのか?
政治家達は手の平で転がされているように見えます。
政権交代した当時の民主党に少し期待もしましたが今は全く裏切られた気分です。
政治と金の問題で小沢さんが封じ込められてしまいましたが彼を守れなかった民主党はもう官僚達にとって思う壺。情けないです。

それに国を代表する政治家達も言葉が軽過ぎます。朝礼暮改や軽はずみな言動、道徳・モラルの欠如も甚だしく、おそらく海外から見ても日本の政治は三流に見えるのではないでしょうか。
政治に期待が出来ません。

投稿: 比呂 | 2010年7月 9日 (金) 16時31分

正にその通り

投稿: ピース | 2010年7月10日 (土) 04時41分

【主張】外国人参政権 争点隠しはフェアでない―本当の意味で過去の歴史を見直すべきとき!!
ブログ名:「Funny Restaurant 犬とレストランとイタリア料理」
こんにちは。昨日は、フジテレビで現在の参院選に関連して政治家のリーダーシップに関することが報道されていました。歴史学者二人がコメントをしていました。しかし、その内容たるや陳腐で危機感もなく聴くに耐えないものでした。彼らは、歴史学者であるにもかかわらず、本当の歴史を語りません。その意味では彼らは、衒学者といってもいいと思います。今こそ、本当の意味で歴史を見直すべきときです。特に、日本という国が、天皇制を頂点とする国民国家であること、さらに、過去にカントがいいだした国民国家の消滅は、ソビエト崩壊とともに事実ではなかったことがはっきりしたことなどです。このような認識にたてば、民主党の導入しようとしている日本国解体法案など、全く時代遅れの産物であり、何もないところにわざわざ自ら災厄をかかえこむような代物であることが誰にでも理解できます。詳細は、是非私のブログを御覧になってください。

投稿: yutakarlson | 2010年7月10日 (土) 10時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/48830501

この記事へのトラックバック一覧です: 参議院選挙の争点:

« 平瀬ダム | トップページ | 防衛省に対する情報公開請求 »