« 第3回草の根大会 | トップページ | 政策調査会の復活 »

2010年6月 7日 (月)

枝野幹事長の就任

「行政刷新相の立場から行政の透明化を進めた。透明化を進める政権を支える政権党として、党運営においても徹底した透明化を進めていきたい。」
 枝野さんの発言で印象に残った点である。
 これまでは、小沢さんに権限が集中。この人はあまり多くを語らない人だから、その意思決定が極めて不透明であった。
 こうした仕組みには、大きな問題点が二つある。
一つは、トップがリーダーシップを取れず、組織として有効に機能しない。
二つは、民主党の目指す内閣への権限の一元化が形骸化する。
 高速道路の新料金制度など、小沢さんの一言で内閣の決定事項が突然覆るという場面を何度も見せられた。これは大問題である。憲法上、内閣が行政の最高機関として国民に責任を負っている。
 しかし、幹事長は、政党内部の組織、法的には何の権限もない私的な存在。国民に対して何も責任を負っていない人が蔭で総理大臣を操ることは、国民に対する裏切りといってもよい。
 菅さんは、民主党の代表であり、そして国の最高責任者になる。この人の指揮の下に、政府も政党も一糸乱れず動く体制を作って欲しい。さもなくば、国民の命と生活を預かる国のかじ取りなどできるはずもない。

 昨日草の根大会が終わり外に出たところで、ピアノの発表会でおめかしした小さな女の子(2~3年生?)に出会う。
 こちらを見ているので「私を知っているの?」と聞くと、「市長さん」としっかりした返事。側でお母さんは怪訝そうな顔をしていたが、ピュアーライン錦で出会ったことがあるという。
 思いがけず新しい友達ができたようで心がはずみ、歩道を遠ざかる彼女をいつまでも手を振りながら見送った。
 休耕田に咲く菖蒲の花
0607syobu2

人気ブログランキングへ

|

« 第3回草の根大会 | トップページ | 政策調査会の復活 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

幹事長の最大の特長はあの耳ですなぁ
あれ見てるだけで安心しちゃうのは私だけでしょうか

新しい友達が出来て良かったですね
(⌒~⌒)

後、閑耕地を少なくしないといけませんね

投稿: ピース | 2010年6月 8日 (火) 02時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/48571423

この記事へのトラックバック一覧です: 枝野幹事長の就任:

« 第3回草の根大会 | トップページ | 政策調査会の復活 »