« 普天間問題の顛末 | トップページ | 鳩山首相辞任 »

2010年6月 1日 (火)

鳩山さんの進退

 またまた首のすげ替えの議論がかまびすしい。
 このままでは参議院選挙が闘えない。かといって混乱させるのもマイナスである。丁度1年前の麻生政権の迷走振りとまったく同じように見える。
 確かに、5月という期限を自ら切ってその約束を果たせなかったのだから、鳩山さんの責任は重い。しかし、冷静に考えてみると彼だけの責任であろうか。
 普通の組織では、トップに傷がつかないように、取り巻きが汚れ役をやるのが通例であるが、今回の場合は、まったく逆であった。
 反対の声の渦巻く沖縄へ何の成算のないままに単身飛び込んでいったこと、社民党との行き当たりばったりの調整、極めつけは、晩餐会前のオバマ大統領との申し訳程度の面談・・・、
 本来ならば、関係大臣や官僚たちが、入念にお膳立てをし、最後のまとめだけを鳩山さんがやるというのが普通であるが、すべてトップに任せきり、失敗の責任もすべて鳩山さんに押し付けられる。内閣としての体を成していない。
 ここまで支持率を落としていったのも、すべて内閣と与党全体の責任であろう。
 従って、選挙目当てに右往左往し、行政や立法の機能をいたずらに混乱させるのではなく、確実に職務をこなしながらしっかりと国民の審判を受けるべき。
 仮に交代ということになれば、政治に対する信頼が地に堕ちることになる。

人気ブログランキングへ

|

« 普天間問題の顛末 | トップページ | 鳩山首相辞任 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

先の衆院選。上諏訪駅前での街頭演説後、「辺野古に基地を造らせないで下さい」と叫ぶ僕と握手しながら「そうだね、そうだね」と言った鳩山さんを信じています。

読売新聞5月3日付6面の意見広告に拙作(宮坂亨)

 殺さない殺したくない意志抱く辺野古の友のメール転送

が載っています。

 鳩ポッポ行く所みな反アンポ

投稿: 宮坂亨 | 2010年6月 2日 (水) 02時59分

交代という結末になりましたね
今回のケースは損して得をとった方が良かったかと思います。
民主党として、国民に不信感を植え付けたその本質は首相だけにあらず。
私は戦略が間違ったと思いたい。地元の声が第一という事に気付かなかったと。
このような場合、首をすげ替えるより、続投させ、党全体で方針を再議論し、彼を旗頭に改善を図る。これしか失った信用を取り戻す手はなかったかと・・・
参議員選に惨敗しても、より良い政策が出せれば、それは通るかと・・・

しかし、選挙後の議員構成を考えるとこうなるのかも・・・

日本の夜明けは遠いなぁと思います

投稿: ピース | 2010年6月 2日 (水) 22時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/48519532

この記事へのトラックバック一覧です: 鳩山さんの進退:

« 普天間問題の顛末 | トップページ | 鳩山首相辞任 »