« 鳩山さんの進退 | トップページ | 0603民主党の代表選び »

2010年6月 2日 (水)

鳩山首相辞任

 鳩山さん、普天間で一人相撲の挙句、たちまちの内に辞任。
 旧政権時代に1年で首相が変わるという醜態を3度繰り返し、今度は民主党政権がわずか8カ月とは。政治のお粗末さに唖然とし、がっかりする。毎年サミットの出席者が違うことは、恥ずかしいことであり、外交にも大きなマイナスを与える。異常な事態、みっともないことであることを政治家たちは肝に銘ずべきである。
 内閣は憲法に規定された行政機関として、国民の生活を守る重要な職責を担っている。国会では重要な法案が審議中であり、口蹄疫の問題も深刻であり、景気も予断を許さない状況にある。各大臣は、こうした課題に寸暇を惜しんで対応すべきであり、総理大臣はもちろんそのすべての責任者である。
 支持率が低下し選挙が大変だからといって大騒ぎし、わずか1年前に選んだ自らのトップを交代させ、一時的にとはいえ内閣を弱体化させることは、国民に計り知れない不利益を与える恐れがある。いわば、選挙と私の利益のために公の利益を犠牲にすること、本末転倒、許されないことである。
 国民の信を受けて一旦政権をとれば、その持てる能力を最大限に使って国民のために働くことが、政府と与党の責任である。そして、潔く選挙で国民の審判を受けるべきである。
 また、国会の会期末までわずか2週間、その直後に参議院選挙を控えるこうした時期に、慌ててトップを選んでもその地位は不安定にならざるを得ない。
 選挙の洗礼を受けることにより国民の信も獲得し、党内を完全に掌握することができる強力なリーダーがいないことが、日本の政治を不安定にしている一つの原因であろう。

人気ブログランキングへ

|

« 鳩山さんの進退 | トップページ | 0603民主党の代表選び »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

ごもっともです

投稿: ピース | 2010年6月 3日 (木) 04時02分

ニュースとかを聞いていてふと思うのは、何のための政権交代だったのか!
もともと幾つかのテレビは民主党に好意的ではなかったから当然かもしれないが
いろんな方が鳩山氏の人格評価をしているが、我が国の代表だれう!と思ってしまいます。

何のために政権交代したのか!
日本に変化の風を吹かせるためであり、それは限られた人がやってくれるものでもなく、任せっきりで良いものでもない。

鳩山氏は「金の問題を解決するため、小沢氏にも止めて貰いたい」と仰っていたが当然であろう。
任期が終わったら政界から身を引くみたいですが、出来ますればそれまでに、『友愛党』の後継者を作って欲しいと密かに願います。

投稿: ピース | 2010年6月 3日 (木) 14時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/48527996

この記事へのトラックバック一覧です: 鳩山首相辞任:

« 鳩山さんの進退 | トップページ | 0603民主党の代表選び »