« クリントン国務長官来日 | トップページ | 岩国大集会の成功 »

2010年5月22日 (土)

普天間に関する日米合意

 政府とアメリカは、普天間問題で大筋の合意をし、今月末に合意文書を交わし、鳩山さんが記者会見を行って説明する方針のようだ。
 主な内容は、次の通り。
 ① 名護市辺野古のキャンプシュワブ沿岸部に滑走路を建設する。
 ② 基地機能の県外への分散移転を検討する。
 ③ 滑走路の具体的な建設場所や工法については、秋ごろまでに決める。

 「大山鳴動して鼠一匹出ず」
 結局、アメリカの主張通り、元の案に逆戻りした格好。何度も書いたが、これでは、沖縄は絶対に納得せず、激しい反対運動が起こり、アメリカと沖縄の間に挟まれて身動きとれなくなるであろう。

 アメリカに遠慮してものが言えず、そして外交問題は国民には知らせず国が決めるもの・・・、こうした従来の延長線上、官僚的発想では、一歩も前に進まないことが明確になってきたように思う。
 こうした事態を打開するためには、思い切った発想の転換をすべきである。即ち、沖縄と全国が連携して、市民の力で政治を動かす大きなうねりを起こす時である。

 いよいよ明日23日(日)14:00から岩国市元町の公園で、米軍再編の見直しを求める岩国大集会が開催される。山口県知事や岩国市長が「容認」していることが防衛省の付け込むところとなり、岩国の米軍再編はそのまま進められようとしているが、このままでは到底納得できない。改めて、岩国の民意を示したい。
 あいにく天候が崩れそうなので、参加者はご注意ください。
 岩国の駅まで、最後の街頭宣伝。

0522ekimae

人気ブログランキングへ

|

« クリントン国務長官来日 | トップページ | 岩国大集会の成功 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/48428649

この記事へのトラックバック一覧です: 普天間に関する日米合意:

« クリントン国務長官来日 | トップページ | 岩国大集会の成功 »