« 辺野古をめぐる攻防 | トップページ | 鳩山さんの結論 »

2010年5月28日 (金)

首相の陳謝

 午前中に日米の共同声明が発表された。
 肝腎な沖縄には正式な提案もなく具体的な協議も行われておらず、また、連立パートナーの社民党との合意もないままの完全な見切り発車である。国内の合意を得ないままに重要な政策につき外国と取り決めをすることは、政府といえども本来許されないことであり、自ら設定した5月末という期限に対して、一応形を整えただけ。ほぼ実現可能性はゼロに限りなく近いと断言できる。
 「沖縄の人たちを裏切ることはできなかった」と閣議での署名を拒否し罷免された社民党の福島党首の顔は、晴々としているように見えた。
 一方、鳩山さんの顔は、苦渋の表情に満ちており、「おわび」の言葉のオンパレード。
「沖縄県民の理解を得られるには至っていない。また、連立のパートナーである社民党の福島党首にも理解をいただけず、罷免せざるをえない事態に立ち至った。こうした状況のもとで、閣議決定に至ったことは、まことに申し訳ない思いでいっぱいだ」
「沖縄県民の皆さんや、徳之島の住民の方に、多大なご心配や不安をあおる結果になり、おわび申し上げる」
 よく政治家たちは、苦渋の選択だといって謝る場合があるが、一国の総理が繰り返し陳謝する姿を見るのはあまりにも淋しい。これが国民のための政策であり理解してくれと堂々と胸を張って欲しいし、常に最良の選択をして欲しい。
 これで日米関係を大きく変える機会を失ったかもしれない。
 やっぱり官僚主導から抜け出ていないのか。
 ますます内閣支持率は低下し、政権が不安定化するのでは・・・
 こんな不安が次々に脳裏に浮かび、体から力が抜けるような感じがする。

人気ブログランキングへ

|

« 辺野古をめぐる攻防 | トップページ | 鳩山さんの結論 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

いやいや、戦いはこれから!!


と、強がってみたり、、、、くらいはしなければ、、、

投稿: 緑虫 | 2010年5月29日 (土) 05時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/48482860

この記事へのトラックバック一覧です: 首相の陳謝:

« 辺野古をめぐる攻防 | トップページ | 鳩山さんの結論 »