« 鳩山さんの結論 | トップページ | 普天間問題の顛末 »

2010年5月30日 (日)

新滑走路の運用開始

 29日、岩国基地の新しい滑走路の運用が始まった。
 10年以上の歳月と、日本の思いやり予算約2,500億円をかけた大事業であり、2,400メートル余りの滑走路ができ、併せて、非常に背の高い立派な管制塔も建設され、また、格段に充実した港湾施設、弾薬庫なども整備された。
 式典に出席した岩国市長は「新滑走路が運用開始を迎えたのは素直に喜びたい。しかし途中から米軍再編に取り込まれ空母艦載機の移駐の受け皿になったという声もある。そういった意味では非常に複雑な気持ちをあわせ持っている」と話したという。自ら受け入れを容認しておきながら他人事のように言い、基地の拡大を喜ぶ無神経さ。
 なお、この式典には山口県知事も招待されていたが、米軍再編の受け皿になったとしてさすがに出席を拒否している。本音はわからないが、一つの見識であろう。
 多くの市民の犠牲の上に、民間空港を進め、愛宕山を米軍住宅として売り飛ばそうとしている一部の人たちだけが蔭で喜ぶ。
 そして、式典に出席したアメリカ大使は次のように述べた。
「日米同盟の強さをこのような事業を通して確認することができてうれしく思います。岩国基地が担う役割は今後も大きいものになる」
 日本の税金で立派な基地を作ってもらって、一番喜んでいるのはアメリカ側である。以前、軍の機関紙「星条旗新聞」にも、民間空港ができてアメリカ軍関係者にとっても便利になるというコメントが載っていた。
 安全・安心を目的に始まった事業であり、本来であれば、基地周辺住民の長年の負担が軽減され、多くの市民が歓迎する日になるはずであったが、突然、空母艦載機部隊59機の受け皿にされ、そんなムードは吹っ飛んでしまった。
 途中からとはいえ沖合移設事業に関わった一人として、将来の市民にとんでもない被害をもたらす恐れがあることを考えると、まさに痛恨の極みである。防衛省から私にも視察の案内が来たが、とてもそんな気にはなれない。

人気ブログランキングへ

|

« 鳩山さんの結論 | トップページ | 普天間問題の顛末 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/48501767

この記事へのトラックバック一覧です: 新滑走路の運用開始:

« 鳩山さんの結論 | トップページ | 普天間問題の顛末 »