« 山口市での講演 | トップページ | 鳩山総理の沖縄訪問(1) »

2010年5月 4日 (火)

岩国大集会

 鳩山総理が沖縄を訪問、知事や名護市長との会談で、現行辺野古移設案の微修正で対応する方針を説明し理解を求めた。
 「県外、国外移設」としてきた前言を完全に覆すものであり、到底沖縄の理解は得られないであろう。人々の怒りの声が聞こえてきそうである。このままでは、鳩山さんは、旧政権の二の舞になりかねない。
 岩国に関しても、何の見直しも行われず、従来通り進めるという政府の方針が示され、不信と怒りの声が高まっている。
 再び市民の意思を示すために、広島県西部も含めて内外の市民グループが結集し、岩国大集会が開催される。私が、「草の根ネットワーク岩国」を代表して、大会の代表世話人を務めることになった。
  日時 5月23日(日)14:00~15:30
  場所 岩国市元町第3街区公園(旧生協前広場)
 詳細は、別添の通り「523.pdf」をダウンロード
 どなたでも参加自由です。ご家族連れでお気軽にどうぞ。

人気ブログランキングへ

|

« 山口市での講演 | トップページ | 鳩山総理の沖縄訪問(1) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

井原様 from 山口県出身者・高橋(60歳男性)
5/23岩国大集会の件で、久しぶりにメールが届きました。
普天間問題で沖縄や徳之島ばかりがクローズアップされますが、
他の基地のことはあまり報道されないことに、常々疑問を感じてい
ました。この度、広島県西部も含む岩国大集会が開かれるのを聞
いて嬉しく思いました。
神戸では、5/3憲法集会の講演でかっての基地闘争弁護士が、
沖縄で10万人規模の集会なら東京では100万人規模の集会に
相当するといっていました。先週の参議院選挙講演会の集会でも、
徳之島の1.5万人集会は東京では720万人に相当するとしきりに
換算した値が言われます。
「沖縄や徳之島の住民に依拠してみんなもがんばろう!」ということ
でしょうが、なにもないのに運動は広がりません。
60年安保闘争のように本当に日本中が盛り上がればそれに越した
ことはないのですが、そういった啓蒙もない現在、運動を起こすことが
果たしてそう簡単でしょう。沖縄のように基地と背中合わせに生活す
る人びとと東京で生活する人びとでは、日々の感じ方が全く違う環境
であり。従って、優先順位もどちらかといえば安保基地問題より生活難、
就職難・派遣問題に比重が傾きます。
60年当時の三井三池闘争や安保闘争などで実現した、労働組合、
労働者、学生、市民、農民、革新政党を取り込んだ国民的連帯をつ
くることが大切なように思いますが、まだまだ、私たちの努力が途上
にあります。2004年発足の九条の会が、全国レベルに発展したこ
とで、提案者の一人加藤周一さんが、日本人の特性の中でいわれて
いました。何もおこさない羊のようにおとなしい日本人も、「この指た
かれ!」と『九条の会』の指をだすと、われもわれもとたかってきて、
素晴らしい盛り上がりをみせたことに、日本人のまんざらでもない側面
に期待があるといわれていた記憶があります。
しかし、その九条の会も今は飽和期に差し掛かりつつあるのか、その後の
更なるメッセージもなく盛り上がりが減衰傾向にあるように思います。
横須賀や岩国、佐世保などの基地をかかえる自治体の問題は、個々
単独でなくネットワークで繋がってきたということを、聞いていましたが、
岩国大集会の企画には心より賛同申し上げます。

投稿: 神戸:高橋 | 2010年5月10日 (月) 16時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/48269188

この記事へのトラックバック一覧です: 岩国大集会:

« 山口市での講演 | トップページ | 鳩山総理の沖縄訪問(1) »