« 5.23岩国大集会 | トップページ | 普天間に関する日米合意 »

2010年5月21日 (金)

クリントン国務長官来日

 来日したクリントン国務長官は「今年で50年目を迎える日米同盟は、オバマ政権にとっても重要だ。次の50年を見据え、もっと強い同盟にしていきたい。普天間問題については、米軍の運用条件を満たし、政治的にも実現可能な解決策を見つけたい」と強調した。
 岡田外務大臣は「普天間基地の移設問題について、5月末の決着に向けて日米両政府が努力していくことで一致した」と発表した。
 記者から沖縄の同意がないままに日米合意を先行させるのかと問われた岡田さんは、「沖縄の了解が取れる状況にないので、まず日米合意を先行させ、その後、沖縄の理解を得る努力をする」という趣旨の発言を行った。
 岡田さんは「5月末決着」に向けて努力すると言うが、その意味するところは、鳩山さんが繰り返し言ってきた「地元と与党内、そしてアメリカの了解を得て、これで行こうという段階になる」とは全く違い、単にアメリカとの合意を意味することになっているようである。
 肝腎の沖縄には未だ政府案の提示さえ行われておらず、協議の段階に至っていない。国民新党や社民党からも、与党内の合意が先であるという意向が示されている。こうした状況で、アメリカとの合意を先行させ、その後地元の理解を得るというやり方は、旧政権のそれとまったく変わらない。危険な道を選ぼうとしていることに、岡田さんもクリントンも気付かないのであろうか。このまま沖縄の民意を無視したら、沖縄の人たちは決して納得しない。
 ここまで来たら、単なる基地の移転ではなく、日本の安全保障の理念そしてアメリカ軍基地のあり方という根源的な問題にまで遡って考えてみる必要があるのではなかろうか。

 明後日23日(日)には、沖縄に負けないで、「これ以上基地はいらない」という岩国市民の強い意思を示す絶好の機会となる。
 ただ、当日は、かなりの雨も予想されており心配であるが、雨天決行。雨具などの用意をお忘れないように。

人気ブログランキングへ

|

« 5.23岩国大集会 | トップページ | 普天間に関する日米合意 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

 玖珂に住んでいる者です。
 基本的な事をお聞きして申し訳ないのですが、どこへ集まるのでしょう。
岩国市民会館でしょうか。 それともシンフォニア岩国? それとも別の所でしょうか??

投稿: 山口の者 | 2010年5月22日 (土) 07時53分

何分狭い会場のため、ポンチョやカッパでご来場下さい。
傘ですと前が全く見えなくなってしまいますのと、傘で目をつつくなど
お怪我があってはなりませんので。

投稿: お願い | 2010年5月22日 (土) 08時53分

 23日(日)14:00から、岩国市元町第3街区公園で、「米軍再編の見直しを求める岩国大集会」を開催します。
 あいにく天気が崩れそうですが、大切な大会になりそうです。ぜひご参加下さい。

投稿: 井原勝介 | 2010年5月22日 (土) 21時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/48420415

この記事へのトラックバック一覧です: クリントン国務長官来日:

« 5.23岩国大集会 | トップページ | 普天間に関する日米合意 »