« 情報公開裁判(3) | トップページ | 岩国大集会 »

2010年5月 3日 (月)

山口市での講演

 1947年5月3日に日本国憲法が施行されたのを記念して設けられた憲法記念日、山口市で開催された「憲法を活かす市民の会・やまぐち」の会合で講演をした。
 前文が朗読されるのを聞いていた。
「ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであって、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。」
「日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであって、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。」
 文章的には、少し修正の余地はありそうであるが、国民主権(民主主義)の原則を謳い、平和の理念を明らかにしている。全体としては格調高く人類の進むべき道を指し示すものである。しかし、一方では、半世紀を経た今日においても、遠い理想にとどまっていることが残念である。
 もう一つ憲法の大切な規定は、言うまでもなく、基本的人権である。
 その11条に次のように規定する。
「この憲法が国民に保障する基本的人権は,侵すことのできない永久の権利として,現在及び将来の国民に与えられる。」
 続いて13条には、次のようにある。
「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利については,公共の福祉に反しない限り,立法その他の国政の上で,最大の尊重を必要とする。」
 これらの規定は大変重要である。つまり、幸せに生活する国民の権利は、国といえども侵すことができない永久の権利として、将来にわたって保障されているのである。
 基地は、まさにこの基本的人権に関わる問題であり、そのことを認識せずして解決することはできない。公益のために一部その負担を受ける場合があるとしても、市民への十分な説明責任が果たされ、その理解を得ることが大前提である。アメリカとの合意であるとか、抑止力の維持のためであるなどという単純な理由だけで、国民の平穏な生活を犠牲にすることが許されないことは当然である。

人気ブログランキングへ

|

« 情報公開裁判(3) | トップページ | 岩国大集会 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

信州の宮坂亨です。マイミク・トサマ
5月3日読売新聞6面「市民意見広告運動」の9条・25条実現を求める意見広告に僕の短歌

 殺さない殺されたくない意志抱く辺野古の友のメールを転送

が載っています。
もうすぐ、僕の第一歌集『010年安保(ぜろじゅうねんあんぽ)』(北溟社刊 帯文俵万智・解説福島泰樹さん 2000円)が刊行されます。
30万部のベストセラーになるでしょう?
mixiで僕の立てたコミュ「010年安保を起こそう!」 http://mixi.jp/view_community.pl?id=4996350
にご協力下さい。

投稿: 宮坂亨 | 2010年5月11日 (火) 00時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/48260235

この記事へのトラックバック一覧です: 山口市での講演:

« 情報公開裁判(3) | トップページ | 岩国大集会 »