« 住民説明会最終日 | トップページ | 住民説明会(3)・党首討論 »

2010年4月20日 (火)

住民説明会(1)


 

 防衛省中国四国防衛局長による住民説明会の状況を多くの人に知っていただくため、何回かに分けて私なりにまとめてみる。

 今回の説明会は、急に日程が組まれ市民に対する周知が十分でなく、騒音の激しい東地区が抜けているなど開催場所も少なかった。また、大臣などの政務三役の出席もなく、初めから誠意が感じられなかった。

 こうした説明会は、国が決めたことを単に説明するだけでアリバイ作りに使われるのではないかという強い疑念があり、当初はボイコットすべきだという意見もあった。

 そこで、次のような質問を行ってみた。

 地元住民の意見を踏まえて、再編計画の再検討、見直しを行う用意があるのか。

② 大きな負担を伴う再編計画の実施について、新政権として、地元住民の了解又は合意を取る必要があると考えるが如何。

 

 これに対して、防衛省からは、あまり明確な表現ではなかったが、大臣以下政務三役が日米合意の経緯を検証した結果、岩国に関しては沖縄と切り離して従来通り進めることにしたので見直しはしない、地元の了解がなくても実施するとの考え方が示された。

 住民の意見を聴いても、計画の再検討に反映させないというのであれば、こんな説明会を何十回開いても意味がない。住民は決して納得しない。

 

人気ブログランキングへ

|

« 住民説明会最終日 | トップページ | 住民説明会(3)・党首討論 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/48141308

この記事へのトラックバック一覧です: 住民説明会(1):

« 住民説明会最終日 | トップページ | 住民説明会(3)・党首討論 »