« 米軍再編住民説明会 | トップページ | 愛宕山を守る市民連絡協議会 »

2010年4月13日 (火)

参議院選挙

 山口県の民主党候補者は、一体いつ決まるのであろうか。最近、よく出る話題である。7月の参議院選挙まであとわずか、このままでは大きく出遅れ、初めから不利な闘いを強いられることになる。
 確か、昨年の段階で公募により選ばれた3人が党本部に推薦されていたはずであるが、決定が延び延びになる中で、その内1人は愛知県の公認候補として転出し、もう1人は辞退したとのこと。折角公募の手続きまでとった要望な人材をもったいないことである。
 最近、民主党の候補者選びでは、小沢さんの意向により強引に人選が行われ、特に2人区への2人目の擁立について地元が強く反発するという事態も生じているようである。
 そもそも、選挙の候補者はどのように選定すべきであろうか。
 政党や団体が決めて選挙区に押し付ければいいというものではない。
 実際に投票する我々の側が、必ずしも政党や団体に頼らず、県民、市民のレベルで候補者を選び、みんなで応援するというやり方があってもいいし、むしろ自然な形ではなかろうか。
 早く候補者が決まり、公開討論会などを通じて、その理念や政策が県民の前に明らかにされることを期待したい。

人気ブログランキングへ

|

« 米軍再編住民説明会 | トップページ | 愛宕山を守る市民連絡協議会 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

そんな自然の形で、自分の一票を納得して使いたいです。

投稿: | 2010年4月14日 (水) 22時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/48081595

この記事へのトラックバック一覧です: 参議院選挙:

« 米軍再編住民説明会 | トップページ | 愛宕山を守る市民連絡協議会 »