« 愛宕山を守る市民連絡協議会 | トップページ | 岩国民間空港 »

2010年4月15日 (木)

市民大集会の開催

 岩国市議会議員と山口県議会議員の有志でつくる「議員有志の会」が呼びかけ、市内外の市民グループが結集して、米軍再編の見直しと愛宕山の米軍住宅化に反対する市民大集会の開催に向けて第1回の実行委員会が開催され、次の通り日程などが決まった。
  日時 5月23日(日)14:00~15:30
  場所 元町第3街区公園

 折しも、普天間問題も重大な局面に差しかかり、今月25日には、沖縄県民大会が開催されることになっている。沖縄も岩国も住民の声、民意を無視して再編が強行されようとしていることは共通である。住民の理解と協力なくして基地問題は一歩も前に進まないことはすでに明らかであり、そのことはアメリカも十分にわかっているはず。いまだに理解できないのは我が政府だけ、政権交代してもそうした状況はあまり変わっていないように見える。沖縄や神奈川とも協力して、市民の力で政治を動かす大きなうねりを起こす必要がある。

 あたかも今日、防衛省から一つの発表があった。5月29日から、岩国における新しい滑走路の使用が始まるとのこと。当初の約束通りであれば、騒音や事故の軽減という点では大きく前進するはずであったが、これを理由として艦載機が大挙やってくることになれば、負担は、逆に大幅に増加することになりそうである。まさに、裏切られたということであり、全く喜ぶという気持ちにはなれない。多くの市民がそう感じているのではなかろうか。
 新しい港や遠くから見ても際立つような立派な管制塔も建設され、基地の機能は大幅に充実されている。市民向けには安全安心と言いながら、裏では、今回の米軍再編も含めて基地機能の強化が仕組まれていた。それを当時の市長や議員たち、一部の有力者たちも承知の上で、眼先の公共事業の獲得に動いたというのが真相であろう。
 子どもたちの未来のために、二度とこういう輩にだまされてはいけない。

人気ブログランキングへ

|

« 愛宕山を守る市民連絡協議会 | トップページ | 岩国民間空港 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/48096311

この記事へのトラックバック一覧です: 市民大集会の開催:

« 愛宕山を守る市民連絡協議会 | トップページ | 岩国民間空港 »