« 米軍再編と愛宕山問題に関する考え方の整理 | トップページ | 公開質問状に対する岩国市の回答 »

2010年3月 3日 (水)

公開質問状に対する県の回答

 「愛宕山を守る市民連絡協議会」からの公開質問状(2月10日付け)に対して、山口県知事から回答(2月26日付け)が届いた「ken.pdf」をダウンロード 。その主な内容をご紹介する。

1.空母艦載機部隊の移駐に対する知事の姿勢について
(回答)「地元の意向を尊重する」という基本姿勢により対応する。
2.愛宕山の売却を凍結すべきではないか
(回答)普天間基地の移設問題を含めた再編全体の方向性について、政府の方針が明確になった時点で、岩国市の意見も聞きながら、対応を検討する。
3.愛宕山に新たな米軍基地ができる場合でも防衛省に売却するのか。
(回答)これまで防衛省を窓口として国に無条件での買取を求めてきており、防衛省が買い取るとすれば、米軍の関連施設という用途での買取は、無条件の範囲内であると考えている。
4.岩国市により一部開示された「市長協議報告書」にある「山口県総務部と防衛省谷井参事官から、民間空港と引き換えに愛宕山の米軍住宅化の了承を求められた」「知事選までは愛宕山問題は封印することの再確認」との記述は事実か。
(回答)そのような事実はない。

 感想を述べてみる。
1.について
 きれいな言葉の蔭に隠れて、知事としての意思を示そうとしない。言わば、「火中の栗」を拾わないという従来からの姿勢と同じである。
2.について
 普天間問題の決着が長引けば、愛宕山の売却も遅れると理解しておきたい。
3.について
 知事はいつの間にか、米軍施設、米軍基地であっても売却すると大きく方向転換しており、岩国市長の方針と大きく食い違ってきている。
4.について
 先般のフォーラムにおける防衛大臣の説明で「市長協議報告書」の内容が事実であることが裏付けられた格好になっており、知事としてこのように明確に否定していいのだろうか。

 同時に防衛省と岩国市に対して公開質問状を出しており、まもなくそれらの回答もあるようだ。また、この欄でご紹介する。
根笠の集会、合併に対する不満が多く出された。
0303negasa

人気ブログランキングへ

|

« 米軍再編と愛宕山問題に関する考え方の整理 | トップページ | 公開質問状に対する岩国市の回答 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/47719447

この記事へのトラックバック一覧です: 公開質問状に対する県の回答:

« 米軍再編と愛宕山問題に関する考え方の整理 | トップページ | 公開質問状に対する岩国市の回答 »