« 0306市長施政方針 | トップページ | 知事の答弁 »

2010年3月 8日 (月)

茨城空港

 3月11日に茨城空港が開港する。自衛隊百里基地との軍民共用で、昨年6月の静岡空港に続いて全国で99番目となる。
 羽田、成田に次いで首都圏3番目の空港として、当初は年間約81万人の需要を見込んでいたが、最近の厳しい航空情勢を反映して日本航空も全日空も就航を断り、開港時には「アシアナ航空(韓国)」のソウル(仁川)便が1日1往復。4月には、スカイマークの神戸便の就航も決まっているが、これも1日1往復のみ。これでは、利用者も当初の見込みを大きく下回り20万人前後の見通しで、空港ターミナルビルの運営収支も初年度から約2000万円の赤字の見込みという。
 秋田県の大館能代空港は1998年オープン。利用者47万人と予測したが、2008年の利用者は12万人。福島空港の開港は1993年。利用者128万人と予測されたが、2008年で43万人である。
 岩国の空港は100番目、もしできれば最後の空港といわれるかもしれない。当初の需要予測が43万人、最近下方修正して35万人。こうした予測は、飛ばすために意図的に作られるものであり、当たらないのが当たり前。果たして実績はどれ位まで落ちるのであろうか。
 本来性質のまったく違う米軍再編と民間空港を取り引きするなどということは非常識極まりないこと、政治が絶対にやってはいけないこと。多くの住民の生活を犠牲にして、一部の
経済効果(一部の利権?)を得るなど許されない。依然として多くの市民が、その採算性に不安を抱いており、岩国にとって本当に必要なら十分に議論してからでも遅くない。「急いては事を仕損じる」

『送っていただいた「岩国に吹いた風」読み終えました。多くの岩国市民が理不尽な攻撃に「私ら、こんなに立派に闘い抜いたんよ。あんたにも岩国人の血が流れとるんなら、病気なんかに負けんで頑張ってみんさい!」と、1ページ1ページから発破をかけられた思いで読み通しました。』

 知人宛に届いた葉書の一部である。私の本が読者に少しでも勇気を与えるとしたら、望外の喜びである。

人気ブログランキングへ

|

« 0306市長施政方針 | トップページ | 知事の答弁 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/47762147

この記事へのトラックバック一覧です: 茨城空港:

» 茨城空港 高速 [今読める。芸能・時事ニュース]
空港北ICまで8.8キロ開通 2 東関東道の茨城空港北インターチェンジ(IC)―茨城町ジャンクション間(8・8キロ)が6日、開通し、茨城空港まで9キロの最も近いICが完成した。この開通で、水戸市中心部から空港まで約30分となり、一般道と比べ約20分間短縮でき、11日の開港に向けて交通網 ... (続きを読む) 11日開港へ式典=茨城空港 201036 茨城空港の開... [続きを読む]

受信: 2010年3月 9日 (火) 02時35分

« 0306市長施政方針 | トップページ | 知事の答弁 »