« 再び街頭に立つ | トップページ | 防衛大臣を迎えたフォーラムの概要 »

2010年2月20日 (土)

防衛大臣の来訪

 北沢防衛大臣、榛葉(しんば)防衛副大臣、地方協力局長等が岩国を訪問。市長や議長に面会した後、シンフォニア岩国で開催された「米軍再編と岩国を考えるフォーラム」に臨んだ。
 防衛省側の一通りの説明の後、質疑応答に移り、私と川下連合会長の三木さん、愛宕山を守る市民連絡協議会の岡村代表世話人が、順番に質問に立った。私の質問要旨は、別添の通り「daijin.doc」をダウンロード 。さらに、大勢の人の質問が行われた。
 今後の空母艦載機部隊の移駐の進め方や愛宕山跡地の活用方法など、肝腎な点については、あいまいな答弁に終始した。予想されたこととはいえ、あまり大きな成果を上げることはできなかった。
 その中でも、大臣自ら本音で語る部分もあり、新しい事実なども一部判明したが、詳細は後日に譲る。
 私が市長時代にも、外務、防衛両大臣が何度かやってきたが、いずれも30分程度の会談のみで、住民と向き合うことは一度もなかった。そういう意味では、貴重な機会であったが、予算をつける前に新政権としての考え方をきちんと説明しておくべきだった。
 正門前で大臣一行を待ち受ける仲間たち。
0220daijin

人気ブログランキングへ

|

« 再び街頭に立つ | トップページ | 防衛大臣を迎えたフォーラムの概要 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/47621014

この記事へのトラックバック一覧です: 防衛大臣の来訪:

« 再び街頭に立つ | トップページ | 防衛大臣を迎えたフォーラムの概要 »