« 外交を変える | トップページ | 米軍基地を前提に売却 »

2010年1月 4日 (月)

仕事始め

 「草の根ネットワーク岩国」の事務所も今日が仕事始め。
 新年の挨拶を交わした後、早速、正月休みにたまった仕事等の整理に追われた。
 午後からは、事務所のお世話をしていただいている方々と今年の活動計画などについて話し合いを持った。
 新しい年になり、2月には運営会議の開催、会報の発行、そして会費納入のお願いなど、忙しい時期になる。しかし、話題の中心はやはり、年末の予算編成。新しい政権からの何の説明もなくいきなり空母艦載機部隊の岩国移駐関連経費約270億円(米軍住宅化を前提とする愛宕山の買取経費約199億円を含む)が突然計上されたことは、納得できない話ではあるが、予算が成立すれば4月以降いつでも、愛宕山を防衛省に売却することが可能となる。こうした新しい事態に対応するために、我々はどのように行動すべきか、いろいろな場合を想定しながら議論を行った。
 8日(金)の定例幹事会において、さらに具体的な協議を行った上で、今後の大きな方向性を決めていくことになる。

 岩国商工会議所の新年賀詞交歓会で、桑原市議会議長が「借金があるので愛宕山は早く国に買ってもらった方がいい。」という趣旨の発言があったようである。このままでは、今後こうした発言が繰り返され、表面的には慎重姿勢を崩していない市長もいずれ追随し、地元の意思を尊重するという知事もそれを利用する形で事態が進展するのではなかろうか。
 そんな欺瞞をいかに止めるかが重要。

人気ブログランキングへ

|

« 外交を変える | トップページ | 米軍基地を前提に売却 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/47208026

この記事へのトラックバック一覧です: 仕事始め:

« 外交を変える | トップページ | 米軍基地を前提に売却 »