« インド洋給油活動の終了 | トップページ | 日米安保改定50年 »

2010年1月18日 (月)

小沢問題

 ニュースは小沢さんばかり。新政権として初めて臨む通常国会が始まり、予算や重要法案が目白押し。多くの国民は本格的な政策論争を期待していたのに、これではがっかりである。
 少し問題を整理してみる。
 まず、政治資金収支報告書の記載漏れが話題の中心になっているが、本質的な問題は、公共事業の受注を政治家が支配し、そこに税金が還流する仕組みなっていること。職務権限がないので収賄にはならないという議論もあるが、一般感覚から言えば、賄賂であることに変わりはない。そして、談合も実質的に支配していることになる。
 私も市長在職中に何度か、大手建設業者が訪ねて来て、一声推薦の言葉が欲しいと言われた経験がある。もちろん断ったが、後から考えればそれが「天の声」と言われるもので、これを基に談合が仕切られるようである。
 次に、これは小沢さんの個人的問題である。鳩山さんは、総理として国民に責任を負っているのだから、いくら小沢さんにお世話になっているからと言って、そこに私情を持ち込んではいけない。政権をきちんと運営していくために必要であれば、毅然とした対応が必要である。「信じている」「信頼している」などという問題ではない。鳩山さんが信じていようがいまいが国民には関係ないこと。「戦って下さい」も論外である。個人的な感情や期待で判断して欲しくない。、総理として公的な責任を忘れないで欲しい。

 最後に情勢判断について。
 悪いことは、隠せば隠すほど悪くなる。問題がないのであれば、自ら進んで国民に説明すべきであり、そうでなければ、早目にけじめをつけるべきである。

 自治基本条例検討市民委員会の第3回会合を行った。今回は、長野県小諸市の条例案を参考にしながら、自由討論を行った。

0116jiti1

人気ブログランキングへ

|

« インド洋給油活動の終了 | トップページ | 日米安保改定50年 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/47331982

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢問題:

« インド洋給油活動の終了 | トップページ | 日米安保改定50年 »