« 東京出版記念講演会の開催 | トップページ | 岩国への空母艦載機部隊の移駐 »

2010年1月28日 (木)

中学生の投稿

1月26日付の中国新聞「ヤングスポット」のコーナーに、次のような投稿が掲載された。

 中学生 宇野朱音 14歳
 最近、ニュースなどで気になっているのは、岩国市の愛宕山開発跡地の米軍住宅建設問題です。愛宕山の近くに住む祖父母の家の周りや地区内には、建設反対の黄色い旗がいっぱい立っています。
 私は、なぜ米軍住宅建設に反対するのか分からず、「早く造ればいいのに」と考えていました。しかし、ニュースを聞いて自分の考えが軽率だったと反省しています。
 愛宕山は、赤字を理由に開発が中止されました。国は跡地を買い取り米空母艦載機移転計画に伴って米軍住宅地にしようとしているのだそうです。強く反対している人たちの気持ちが、やっと理解できたような気がします。
 沖縄県の米軍普天間飛行場の移転先にはならなかったようですが、岩国市には米軍用機の騒音や住宅地などまだ解決しなければならない問題がたくさんあります。
 これからは、国任せではなく、私たち一人ひとりがよく考えて行動すべきだと思います。
                               (岩国市)

 子どもたちの未来のために平穏に暮らせる岩国を残したいと頑張っているつもりであるが、十分に働くことができず悔しい思いをし、時に落ち込むこともあるが、宇野さんを初めとして多くの子どもたちも一緒に考えてくれているのだと思うと、本当に嬉しいし、大きな勇気をもらう。

人気ブログランキングへ

|

« 東京出版記念講演会の開催 | トップページ | 岩国への空母艦載機部隊の移駐 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/47416366

この記事へのトラックバック一覧です: 中学生の投稿:

« 東京出版記念講演会の開催 | トップページ | 岩国への空母艦載機部隊の移駐 »