« 中学生の投稿 | トップページ | 出版記念講演会 »

2010年1月29日 (金)

岩国への空母艦載機部隊の移駐

 神奈川県の国会議員の質問に答える形で、政府は、岩国への空母艦載機部隊の移駐は予定通り進めるという方針を示した。

すでに年末の愛宕山買取経費の予算化で、政府の方針は明らかになっていたので、それほど驚くことでもないが、やはり理解に苦しむ点がある。

 移駐先とされる岩国に対して何の説明もなく、一人の議員に対して重大な方針を公に伝えるというのでは、順番が違う。その前に、大臣や副大臣が岩国に飛んできて、住民にきちんと説明しその意見を聴くのが筋道であり、礼儀でもあろう。

 鳩山さんの初めての施政方針演説で、「いのち」を守ることが繰り返し強調されていた。それは、人の暮らしを守ることでもある。情報をオープンにし、国民の声を大切にする、これが政権の大きな理念であると思う。こんな乱暴なやり方ではなく、懸命に生きている住民の心と向き合って、もう少し丁寧に対応して欲しい。我々が喜んで協力できるように。

人気ブログランキングへ

|

« 中学生の投稿 | トップページ | 出版記念講演会 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/47423913

この記事へのトラックバック一覧です: 岩国への空母艦載機部隊の移駐:

« 中学生の投稿 | トップページ | 出版記念講演会 »