« 知事のあせり? | トップページ | 普天間基地の移設 »

2009年12月 3日 (木)

橋下大阪府知事の発言

 報道によれば、大阪府の橋下知事は、沖縄普天間基地問題について、関西国際空港への移設について「政府から正式に話があれば、基本的に(議論を)受け入れる方向で検討していきたい」と述べ、また、沖縄の負担を全国で分担するため、全国知事会などで問題提起する考えを表明したとのこと。
 2006年、岩国の住民投票に根拠もなく一方的に反対して以来、橋下さんの言動には賛成できないことが多かったが、今回の姿勢は、大いに評価できるので、早速記者懇談を行い、私の考えも発表した。その概要は別添の通り。「1203.doc」をダウンロード

 沖縄や厚木の問題を全国民が自らの問題として考え、その負担を分かち合うという心がなければ、決して基地問題は解決しない。政府も、発想を大きく転換して、基地のあり方を正面から国民に語り、理解を求め、そして負担を求める、堂々たる政治を行って欲しい。

 先般の松沢神奈川県知事の「米軍再編の着実な実行を求める」という発言、そして我が山口県の二井知事の「米軍再編を見直すなら、今後協力しない」という牽制球は、いずれも、自らの負担を回避するために他に負担を押し付けようとするものであり、政治が小さい。もっと大きな視野を持つ政治であって欲しい。

 政治評論家森田実さんのホームページの「森田実の時代を斬る」に、私の本「岩国に吹いた風」が連日紹介されている。

  人気ブログランキングへ

|

« 知事のあせり? | トップページ | 普天間基地の移設 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/46929720

この記事へのトラックバック一覧です: 橋下大阪府知事の発言:

« 知事のあせり? | トップページ | 普天間基地の移設 »