« 普天間基地移設問題の再検討 | トップページ | 県知事への要請 »

2009年12月16日 (水)

中国副主席と天皇陛下の面会

 中国国家副主席と天皇陛下の面会が様々な論議を呼んでいる。

 焦点は「政治利用」に当たるかどうか。

1か月前に申し入れるという慣例を破って特例的に面会が設定されたことから、宮内庁長官は「天皇陛下の国際親善は、憲法により政治的に中立になさってきている。その点から非常に懸念の生じるところだった。二度とあってほしくない。」と政府の対応を批判。

民主党の小沢幹事長は「1か月前までに申し入れるルールなど、法律で決まっているものではない。天皇陛下の国事行為は、内閣の助言と承認で行われるものだ。それが政治利用なら何もできない。」と反論した。

これに対して自民党からは、憲法の趣旨に反する「政治利用」だとする批判が行われた。

「政治利用」という言葉が飛び交っているが、ここで言う「政治利用」とはどのような意味であろうか確認しておく必要がある。

私見であるが、象徴天皇としての中立性が侵されることであり、具体的には、特定の党派の利益のために、特定の政策を進めるために、天皇の意向や行動を意図的に利用することなどであろう。

今回の件は憲法に規定する天皇の国事行為には当たらないようであるが、諸外国との友好親善は国の重要な仕事であり、外国要人との面会について政府が関与することは当然のことである。直ちに「政治利用」に該当するものではない。

中国側の面会申し入れに対して、総理の指揮の下、宮内庁や外務省などが、中国との関係など十分に検討したうえで決定されたものであれば、若干の手続き的問題点が残るとしても、それほど大きな問題ではない。

しかし、一連の経過を見ていて、多くの人にかなりの違和感が残るのは、どうしても小沢さんの影が見え隠れすることであろう。

政府が決めたことであれば、どうして小沢さんが、あれほど血相を変えて(そのように見えた)宮内庁長官の発言に反論しなければならないのか、腑に落ちない。

仮に小沢さんの特別な意向が働いたとすれば、民主党の一枚看板である内閣に権限を一元化した上での政治主導という理念に大きく反することになる。

人気ブログランキングへ

|

« 普天間基地移設問題の再検討 | トップページ | 県知事への要請 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/47040550

この記事へのトラックバック一覧です: 中国副主席と天皇陛下の面会:

« 普天間基地移設問題の再検討 | トップページ | 県知事への要請 »