« 金沢にて | トップページ | 衆議院予算委員会でのやりとり »

2009年11月 4日 (水)

星条旗新聞の記事

 米軍の機関紙「Stars & Stripes(星条旗新聞)」に、岩国の市民大集会(11月2日)の記事が掲載されている。我々が声を出せば、必ず米軍関係者に届くことがよくわかる。

 Activists also target Iwakuni air station

Opponents of the 2006 bilateral plan to realign U.S. forces in Japan were out in force Tuesday near Marine Corps Air Station Iwakuni in mainland Japan.

Taking advantage of a new left-center government in Tokyo that is at odds over the plan, about 800 protesters gathered at the Iwakuni Civic Hall against the planned move of the aircraft carrier USS George Washington’s air wing from Naval Air Facility Atsugi to Iwakuni, city officials said.

Each protester held a plain placard bearing a large “X” to mark their opposition to the realignment plan.

The so-called “Roadmap to Realignment” calls for new facilities to be built at Iwakuni for Carrier Air Wing 5, a squadron of KC-130 aircraft, a shared civilian air terminal and about 5,000 new residents.

During Tuesday’s rally, Katsusuke Ihara, a former Iwakuni mayor, said he and other area officials have met with the country’s new defense and foreign ministers to press their case for a review of the realignment plan.

“Our voice certainly can reach to the government,” Ihara told the crowd, according to a spokesman for the rally organizers. “Now is the time for us to stand up to push the government to make a change.”

Other speakers included three Diet members from Kanagawa and Okinawa prefectures, which also host U.S. bases.

“While all the spotlight is being shed on Okinawa, we gathered to send our own message: ‘Don’t forget about Iwakuni,’ ” said Kazuhiko Hara, a spokesman for one of the organizers, Koshin Fujitani, the councilor of the Iwakuni branch of the Democratic Party of Japan.

“People in Iwakuni are not against having the military base, but they do not want further expansion of the military presence,” he said. “The rally was to send out our stand that the people of Iwakuni are against the move ... from Atsugi to Iwakuni.”

 簡単に訳すと次のようになる。

         岩国基地も問題にされている

 政権交代を機に、空母艦載機部隊の岩国移駐に反対する人たち約800人が岩国市民会館に集まった。
 米軍再編により、岩国には、空母艦載機部隊とKC-130空中給油機、民間空港のための施設や米軍住宅が建設されようとしている。
 前岩国市長の井原と民主党の参議院議員藤谷光信は、外務・防衛大臣に会い、米軍再編の再検討を行うよう要請したことを報告するとともに、「我々の声は必ず政府に届く。今こそ、立ち上がり政府を動かすときである。」と訴えた。
 同じく米軍基地を抱える神奈川と沖縄の国会議員も参加した。
 参加者によると、
「沖縄に注目が集まる中、岩国を忘れないで欲しいというメッセージを出すために集会を行った。岩国市民は、米軍基地に反対しているのではなく、その機能強化を望まない。」

人気ブログランキングへ

|

« 金沢にて | トップページ | 衆議院予算委員会でのやりとり »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

11月2日に岩国市民会館で開かれた”米軍再編を考える市民大集会”に参加した。
沖縄、神奈川から国会議員の方々が来られ、政権が代わった今、国民がしっかり声を出していくことこそ
大切だ!と力強く言われた。
井原さんは、岡田外務大臣、北沢防衛大臣、馬渕国交省副大臣との会談結果を報告され、特に岡田大臣とは
本音で時間をオーバーして1時間近く意見交換をしたと言われた。
今まで、市民の声を無視してごり押しをしてきた自民党とは全く違い、聞く耳を持っているということがうれしかった。

会のアピールは、国、県、市に届けてもらえるのだろう。しっかり受け止めて欲しいものだ。

投稿: ゆず | 2009年11月 5日 (木) 23時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/46676802

この記事へのトラックバック一覧です: 星条旗新聞の記事 :

« 金沢にて | トップページ | 衆議院予算委員会でのやりとり »