« 官房機密費 | トップページ | 情報隠し »

2009年11月21日 (土)

情報公開審査会答申

 愛宕山開発に関する「市長協議報告書」(20084月)、いわゆる内部資料のうち、件名、日時、場所、出席者の4項目に限定して、広島県在住の大学の先生から情報公開請求が行われていたが、岩国市情報公開審査会(会長・堀勉弁護士)は、17日、これらの項目は事実に関する情報であり、「開示しても協議内容を開示することになるわけではない」などとして、岩国市の主張を全面的に否定し、開示すべきだと市に答申した。

 この内部資料に関しては、「岩国を守る会“風”」の情報公開請求に対して、今年3月、全く同じ趣旨の答申が情報公開審査会から行われたが、岩国市長は、答申を無視して最終的に全面非開示とした。それを不服として裁判まで提起されている。

 内部資料には、民間空港の再開と愛宕山の米軍住宅化の裏取引の様子が生々しく記録されている。読んでいると、市民をだまして平気なのだろうか、政治家としての良心はどこに行ったのだろうかと腹立たしくなる。

 事実が明らかになれば、これまで積み上げてきた県による愛宕山開発事業に関する都市計画の廃止や国土交通省による事業認可の取り消しなどが、すべて根拠のない違法行為となり、県知事や市長の責任問題に発展しかねないことを恐れている。今回もまた、情報公開審査会の答申を無視するという暴挙に出るのであろうか。

 情報はすべて市民のものである。市民の知る権利が保障されなければ、民主主義は機能しない。いかに都合の悪い情報であろうと、市長には公開し説明する義務がある。こうした違法行為に繰り返し付き合わされる真面目な職員がかわいそうである。情報公開の担当部局の職員は、情報公開の理念を踏みにじられ悔しい思いをしているに違いない。職員が胸を張って市民のために仕事が出来る環境を作って欲しい。

 この件に関しては、他にも情報公開請求が行われており、市民の不信感が高まるばかりである。

 毎日新聞にも、私の本「岩国に吹いた風」の紹介記事「1121.doc」をダウンロード が載った。

人気ブログランキングへ

|

« 官房機密費 | トップページ | 情報隠し »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/46823983

この記事へのトラックバック一覧です: 情報公開審査会答申:

« 官房機密費 | トップページ | 情報隠し »