« 松沢神奈川県知事の発言 | トップページ | 松沢神奈川県知事に抗議 »

2009年11月 8日 (日)

沖縄県民大会

「アメリカの基準ではこんな基地は作れない、世界一危険な基地だ。撤去を求める。」
「沖縄県民は何度も意思表示してきた。対立させられてきた。これ以上踏み絵を踏ませるようなことをすべきでない。党派を超えて普天間の県外・国外移設を求めるべきだ。」
「戦後64年にわたって基地を押し付けられてきた。もうこれ以上我慢できない」
 ・・・

 市長や国会議員、住民の代表などが、次々に登壇し、想いの丈をぶつける。
 会場全体が一つになって、人々の熱い想いが強烈に伝わってくる。まさに、これが沖縄の民意であり、これを無視しては、何事もならないと痛切に感じる。

 新しい政権の外交が揺れている今こそ、岩国と沖縄、そして全国の人々が声を上げ、政治を動かすときであると思い、宜野湾市の海浜公園で行われた「辺野古の新基地建設と県内移設に反対する県民大会」に参加した。

 嘉数高台公園から普天間基地を見下ろすと、周りを住宅や学校などが取り囲み、その危険性は一目瞭然。住民はどんな想いで日々暮らしているのであろうか。

人気ブログランキングへ

|

« 松沢神奈川県知事の発言 | トップページ | 松沢神奈川県知事に抗議 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

ご苦労さまでした。

琉球新報にも井原さんのことが紹介されていました。

投稿: はる | 2009年11月 9日 (月) 21時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/46714903

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄県民大会:

« 松沢神奈川県知事の発言 | トップページ | 松沢神奈川県知事に抗議 »