« 所信表明演説 | トップページ | 森田実 »

2009年10月27日 (火)

普天間移設を容認?

 北沢防衛大臣が、普天間基地の名護市への移転について公約違反には当たらずとして容認の意向を示し、大きな波紋を起こしている。
 さらに、沖縄の米海兵隊の一部のグアム移転とKC130空中給油機の普天間から岩国への移転が、「国外・県外移設」に当たるからと説明されていることを知り、大変驚いた。

 民主党は、これまで、普天間の県外・国外移設を繰り返し主張してきており、この点に関する大きな方針転換になることは間違いがない。沖縄の歴史を思うと、表面的な言葉で自らの行為を正当化しようとすると、逆に沖縄の人々の反感を買ってしまうのではなかろうか。

 「米軍再編の見直しの方向で臨む」と公約に掲げたからには、代替案を用意し、どんなに厳しかろうとアメリカときちんと交渉する姿勢を見せて欲しい。その上で、どうしても公約を変更しなければならないと判断した場合には、その経過と理由を丁寧に住民に説明し理解を求める努力をすべきである。

 公約を踏まえて見直しをするとすれば、ある程度時間がかかるのは当然であり、初めから先方の言う通りに、「時間がない」と言ってしまえば、結果はおのずから見えてくる。

 沖縄に集中する負担を早期に軽減するためには、当面は日本全体で分かち合うという発想も必要ではなかろうか。沖縄の問題を本土の基地も含めて、もう一度整理・検討する必要があるのではなかろうか。

人気ブログランキングへ

|

« 所信表明演説 | トップページ | 森田実 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/46601724

この記事へのトラックバック一覧です: 普天間移設を容認?:

« 所信表明演説 | トップページ | 森田実 »