« 馬淵国土交通副大臣への要請 | トップページ | 民意とは(1) »

2009年10月12日 (月)

広島・長崎オリンピック

 広島市と長崎市が共同でオリンピック招致に名乗りを挙げるという。
 秋葉広島市長が会長を務め世界中の3千を超える都市が加盟する平和市長会議が核兵器廃絶の目標年として掲げるのが2020年。その年のオリンピックが、被爆地で開催されることになれば、先のオバマ大統領のノーベル平和賞授賞と相まって、核廃絶の機運を一気に高める壮大な効果が見込めると思われる。
 時宜を得たとは、まさにこのことであり、多くの国民がはたと手を打ち、すでに応援団になったのではなかろうか。オリンピックの精神である「平和」という大義があり、先の東京オリンピックの招致運動とは全く違う国民の大きな盛り上がりが期待できる。

 複数都市の共同開催が認められていないことや財政問題など解決すべき課題も多いようであるが、やればできるはず。国が強力に支援すべきは当然であるが、加えて、全国すべての都道府県や市町村もその能力に応じて協力し、日本全体がバックアップする体制ができれば、過去に例のない大会になる。

 岩国市や山口県も、隣接する自治体として、先頭に立って協力すべきである。

 初めて農業に取り組む知人が育ててきた野菜が立派に成長した。コマツ菜やホウレンソウ、白菜、水菜などを収穫し、庭先で鍋を囲んだ。取れたての新鮮な野菜はどれも美味しい。秋の味覚の栗を拾い、柿をもぐ。自然の恵みを受けながら生きることが、人間の本来の姿であろう。
1011hizumi1

人気ブログランキングへ

|

« 馬淵国土交通副大臣への要請 | トップページ | 民意とは(1) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

オリンピックを開催する大義名分が少しぼやけているように思います、片方で平和方や何兆円の経済効果とか…ただ単にスポーツを愛し世界の人達との交流を発展するなんて綺麗事の様な気がします招致合戦に150億円も掛かるならそんなギャンブルはやめて総合病院でも作った方がましだと私は思いますが皆さんはやっぱり生で見たいですか?テレビで充分では

投稿: | 2009年10月13日 (火) 07時48分

当然のことながら核保有国の選手と
核を使用(実験も含む)した国の選手は
参加できないんですよね。

参加できるとしたら核廃絶のために
運動するという誓約書にサインをしないと
いけないなどの核ドーピング検査を
設けるべきでしょう。

投稿: 三島大 | 2009年10月13日 (火) 11時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/46470413

この記事へのトラックバック一覧です: 広島・長崎オリンピック:

« 馬淵国土交通副大臣への要請 | トップページ | 民意とは(1) »